<   2008年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

宗恵の「初心者のための茶道教室」 第13回目

昨晩は「初心者のための茶道教室」 第13回目。
やはり大寒だけあり、寒い一日でしたが雪は降らず、青空ものぞいていましたので新潟駅から歩いて行こうと思っていましたが・・・駅を出たとたんバラバラとアラレが・・・。
タクシーに乗りました。伊勢丹までは1メーター。大抵610円ですが、会社によって600円の時もあり、340円のことも!!!タクシー業界も大変ですね。


f0063931_984072.jpg
f0063931_98536.jpg
会場の丹庵には3畳台目の小間のお席もあります。
最後のレッスン日にはお茶会が予定されておりますので、人数も少ないしせっかくなのでこのお部屋でやろうかしら・・・。


さて、昨晩もお棚での薄茶点前。
お仕事の都合でお2人でのお稽古になりました。
お家でも練習なさっているそうで、スラスラとお点前できました。
ちょっとした扱いを気をつけただけで、グッとお点前が良くなります。
お茶杓にはご銘と言って、大抵のお茶杓にはその季節にちなんだものや、禅語からとった名前がついています。そのご銘も考えてきてくださいました。
そうなるとまたお茶への関心も広がりますね。

f0063931_9183222.jpg
丹頂 菓匠庵製
求肥とは異なった不思議な食感のお菓子で美味しくいただきました。
[PR]
by soukei3 | 2008-01-22 09:23 | 宗恵の茶の湯日記

M

M                                作詞   富田 京子


いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった
季節はまた変るのに 心だけ立ち止まったまま
あなたのいない右側に 少しは慣れたつもりでいたのに
どうしてこんなに涙が出るの
もう叶わない想いなら あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ
You are only in my fantasy
今でも覚えている あなたの言葉 肩の向こうに見えた景色さえも So once again
Leavin' for the place without your love
星が森へ帰るように 自然に消えて ちいさな仕草も はしゃいだあの時の私も
いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった
季節はまた変るのに 心だけ立ち止まったまま

出会った秋の写真には はにかんだ笑顔 ただ嬉しくて
こんな日がくると思わなかった
瞬きもしないで あなたを胸にやきつけてた 恋しくて
You are only in my fantasy
あなたの声 聞きたくて 消せないアドレスMのページを指でたどってるだけ So once again
Leavin'for the place without your love
夢見て目が醒めた 黒いジャケット 後ろ姿が誰かと見えなくなっていく So once again
You are only in my fantasy
星が森へ帰るように自然に消えて ちいさな仕草も いつまでも あなたしか見えない 私も



最近よく聴く曲です060.gif
プリンセスプリンセスの名曲だと思います053.gif

いつもはVOCALIST2で聴いています。


きょうは大寒。
切ない曲を聴いて益々心が寒くなっちゃったかしら・・・。


若き日のこころ届くとふと思い 懐かしい歌口ずさんでみる    宗恵
[PR]
by soukei3 | 2008-01-21 08:00 | 宗恵の日常

裏千家HPにアップ♪

「初心者のための茶道教室」は全国25都市33ヶ所で行われていますが、
その様子を裏千家HPで見ることができます。
新潟伊勢丹教室もやっとアップできました。
ご覧になってください。

信越・北陸地域→新潟伊勢丹
とクリックしてくださいね。

http://www.urasenke.or.jp/textm/headq/recruit/kikaku/kyo/news12/news12.html


こちらのブログで先回アップいたしました「花びら餅」について、
茶の湯のブログに質問がありました。
先生宅のお初釜で花びら餅の向きが違っていたということです。
淡交社刊の本を見ても本によって違います。
昨日、東京での裏千家の御初釜式に参会なさった方にお聞きいたしましたら、
やはりゴボウが手前(客側)だったそうです。

これは一説に、宮中ではゴボウが手前なので、裏千家ではご遠慮してゴボウを上にしていたらしいのですが、坐忘斎御家元の奥様が宮家から嫁がれた方なので、手前になったそうです。
どなたかご存知の方、いらっしゃいましたらご教示くださいませ。
[PR]
by soukei3 | 2008-01-19 10:23 | 宗恵の茶の湯日記

黒ラベル

f0063931_911043.jpg
こんなのがあったので買ってみた。

サッポロビールチョコレート サッポロビール黒ラベル 使用


はい、ちゃんとビールの味がしましたよ。
でもね、わたしは・・・
やっぱり普通のチョコがいいです・・・・・・。


昨日ご紹介いたしました加古勝己さんのもう一つのサイトです。
咲月荘を見ることができます。

http://www.kako-katsumi.com
[PR]
by soukei3 | 2008-01-18 09:06 | グルメ

加古ワールドを是非♪

f0063931_10314896.jpg
丹波篠山の古民家・咲月荘で作陶なさっている加古勝己さんより個展のご案内をいただきました。
場所は昨秋お邪魔した美釉さんのお店「カンパニュール」。

毎年、5月の連休に咲月荘にお邪魔するのですが、その度に違った表情の作品を見せてくださいます。
今回のコンセプトは『赤』。
是非、ご覧になってくださいませ。

1月18日(金)~27日(日)
カンパニュール
千葉県流山市市野谷665-40
TXおおたかの森駅より徒歩3分
作家在廊日 1月19日(土)・20日(日)



加古さんのサイト
http://www.h3.dion.ne.jp/~k-katsu/

カンパニュール
http://campanule.jp


加古さんからミクシィをご紹介いただいて、わたしの世界が変わりました。
わたしの大恩人!?なんです。
[PR]
by soukei3 | 2008-01-17 10:35 | 宗恵の日常

歌会始  お題 火


ピシピシと炭熾る音快く

          炉中の火を見て心が騒ぐ  宗恵    
[PR]
by soukei3 | 2008-01-16 13:11 | 宗恵の日常

煙草をふかしながら、雪見・・・

f0063931_9414181.jpg

先の「煙草盆のお話」で茶の湯のブログに時流庵さまよりコメントいただきましたのでご紹介いたします。

続きを読む
[PR]
by soukei3 | 2008-01-16 10:49 | 宗恵の茶の湯日記

宗恵の「初心者のための茶道教室」 第12回目

f0063931_8453443.jpg
昨晩は「初心者のための茶道教室」 第12回目。
ノドが痛くゾクゾクしておりましたので、家にある「富山の置き薬」の葛根湯エキス配合の風邪薬を飲んで出かけました。そのせいか、電車の中では新潟駅まで爆睡!!!新潟止まりで良かった・・・。

今年初のお稽古でしたので、花びら餅(菓匠庵製)にいたしました。
本歌は京都・川端道喜の「菱葩餅(ひしはなびらもち)」。
裏千家の初釜ではこれを独楽盆にのせます。
白餅を丸く平らにして赤い小豆汁で染めた菱形の餅を薄く作って上に重ね、柔らかく煮たふくさ牛蒡を二本置いて押し鮎※に見立てたものです。餡は京都の雑煮の意味で白味噌を使用しています。明治頃、道喜から売り出したもので、初めは搗き餅でしたが、最近では求肥になっています。

お稽古は点前座を一箇所にしてお棚のお点前を一回づつ、ゆったりと行いました。先回のお稽古から日にちが経っていましたが、みなさんちょっとアドバイスしただけで、お点前できました。細かなところはまだまだですが、お点前の流れは身についたかな?
あと3ヶ月、お茶の楽しさを感じていただけるように指導できたら、と思います。


※押し鮎は塩漬の鮎で、昔むかしの宮中のおせちメニューだったそうです。
[PR]
by soukei3 | 2008-01-15 09:09 | 宗恵の茶の湯日記

風邪かしら・・・

一昨日くらいからノドが痛く体がゾクゾクしています。

昨日は思いもかけずある先生から初釜のお誘いがあり
喜び勇んで出かけました。
ご主人(元校長先生)がお薄を点ててくださり
そのお茶の美味しかったこと!

今晩は「初心者のための茶道教室」お稽古始め。
少しはお正月っぽくしなくちゃね。
[PR]
by soukei3 | 2008-01-14 11:44 | 宗恵の茶の湯日記

煙草盆のお話 

f0063931_715206.jpg

これは我が家に伝わる「液用五合桝」。
相方くんの家は小藩の武士だったそうだ。明治になり酒屋を営んでいたとか。
曽祖父も白雲大学の前身・明治法律学校の出身。
義母が捨てると言うので、わたしがいただいて煙草盆に転用。
火入は織部 宇助窯

ある方から「利休さんの時代には煙草盆はなかったのでは?」というご質問をいただき、普段お薄の時には煙草盆・・・と何も考えなしに用意しておりましたが・・・そう言われるとそうですね・・・。

続きを読む
[PR]
by soukei3 | 2008-01-11 16:39 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧