<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

宗恵の「初心者のための茶道教室」 第11回目

f0063931_12481081.jpg

昨日は青年部のクリスマス茶会が終わってから教室に駆け付けました。
クリスマス・イヴだけあって!?生徒さんはお一人。
7時にディナーの予約があるということで、棚のお点前を一回行い、
今年最後のお稽古はおしまい。
新年は14日がお稽古始めになります。
お菓子は「もみの木」菓匠庵製


早く帰れたのですが、子供もいないしケーキもなく
先日アップしたスパークリングワインで相方くんと乾杯!
うふふ☆の方からメールでクリスマスカードをいただき♪楽しい一日は終わりました。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-25 12:48 | 宗恵の日常

クリスマス茶会

昨日はわたしの茶道の青年部最後の行事
茶会委員会の「クリスマス茶会」でした。
12時集合ということで早めにクリスマスランチをしようと思っていましたが、相方くんがお腹がすいていない、ということで、パンを買って会場の新潟市白山公園のある「燕喜館(えんきかん)」に参りました(このパンは結局、茶会が終わって「初心者の~」の教室で食べました)。

お濃茶に続いてお薄を飲んでいただく「続き薄茶」で2席。
一席目はわたしが亭主。二席目はお客様で楽しませていただきました。

f0063931_1131042.jpg
待合
茶会委員長作のつづれ織 もみの木タペストリー

続きを読む
[PR]
by soukei3 | 2007-12-25 12:15 | 宗恵の茶の湯日記

届きました♪クリスマスプレゼント☆

f0063931_1495329.jpg

ブログのお友達の泉さまからクリスマスプレゼントが届きました♪

泉さまのブログでウインナーを買ったら付いてきた、とあったので
「いいなぁ」とコメントしましたら、二つあるからと送ってくださいました!
ありがとうございます☆
うれし~い♪

明日はお友達のお宅でお茶会。
24日は青年部のクリスマス茶会。その後「初心者のための茶道教室」。
ブログの更新は火曜日になります(更新できるかな?)。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-22 14:09 | 宗恵の日常

イタリア幻想曲―貴賓室の怪人Ⅱ

f0063931_7572640.jpg
久しぶりにミステリーが読みたくなった。
内田康夫の作品を読むのは1年ぶりくらいだろうか。
よくTVドラマにもなった浅見光彦シリーズ。
水谷豊・榎木孝明・辰巳琢郎・沢村一樹・中村俊介が演じている。
まぁ、わたしは誰が好きとかはありません。
が、強いて言えば榎木孝明かな?

小学生の頃から推理小説も好きだった。
コナン・ドイル エラリー・クイーン アガサ・クリスティ
江戸川乱歩・横溝正史・仁木悦子・夏樹静子・綾辻行人・有栖川有栖etc.

最近はお茶関係の本ばかり読んでいたので、ちょっと息抜き。
大抵はブックオフで100円の文庫本を買っていた。
角川文庫を買うとポイントがたまる「ちょっくらぶ」という携帯サイトがある。
しばらくは角川文庫ファンでいよう。

本が増えすぎて困る・・・図書館で借りる・・・という手もあるが
やはり好きな本は自分の物でなくっちゃね。
そのうち家中が本で埋まってしまうかも!
[PR]
by soukei3 | 2007-12-21 08:36 | 宗恵の本棚

ストラップもクリスマス♪

f0063931_965458.jpg
今年のクリスマス・イヴは「初心者の~」のお稽古納めだし、子供はまだ帰ってこないし、でせめてワインでも飲もうと、こんな安スパークリングワインを買ったら、可愛いストラップがついてきました。早速つけて気分はクリスマス♪

全く話は飛びますが昨日、白雲考古の1年下の後輩から昨年亡くなった恩師・K先生のお墓参りに行った、とメールをいただきました。たくさんのお花に囲まれて賑やかだったと・・・。わたしも今度上京したおりには是非お参りに行かなくては・・・。

ふと昔のことを思い出してしまいました。結婚前、某石油会社の京都支店に勤めていましたが、大阪支店に都の西北大学グリークラブ出身の人がいて、京都でそのグリーのコンサートがあるというので誘われました。なんとその人の弟さん!白雲考古の2年下でわたしのことを良く知っている、とのこと!いやぁ~世の中狭いのねぇ、とその時初めて思いました。

ちなみに京都というところは、わたしが何日の何時にどこそこにいた、という情報があっという間に親類縁者に広まるところでもあります。

今日はなんだかとりとめのないことを書いてしまいました。おしまい。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-20 09:07 | 宗恵の日常

酢れんこん♪

f0063931_8101359.jpg
「大口れんこん」が手に入ったので酢れんこんを作ってみました。

「大口れんこん」は旧中之島町(現長岡市)で採れるとてもしっかりとしたれんこんです。
北陸自動車道中之島見附インターをおりて長岡市街方面に行くと、しばらくして道の両側にれんこん畑がひろがります。
この道は長男の学校へ行くときによく通いました。
今は「ぎゃらりい栗本」さんへ行くときに通ります(^^ゞ。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-19 08:39 | 宗恵の日常

今日はお誕生日

今日12月18日は長男のお誕生日。
結婚して4年目に生まれました。

中学を卒業してから5年間寮生活。
そしてアパート暮らし。
一緒に祝うことができなくなってから早8年。

交通事故にあって1年大学を休学していたので
来年3月卒業予定。
さっき電話をかけたら卒業研究の発表会だったそう。
1月から豊田市にある某自動車会社(笑)で企業実習。
そのまま就職かと思いきや、院に進むそうです。

自分の夢に向かって進め!
[PR]
by soukei3 | 2007-12-18 18:55 | 宗恵の日常

宗恵の『初心者のための茶道教室』 第10回目

f0063931_1002366.jpg

昨晩は『初心者のための茶道教室』 第10回目。
おひとり仕事の都合がつかなくて3人でのお稽古となりました。

内容は
薄茶(棚)①
宗旦丸卓(そうたんまるじょく)と更好棚(こうこうだな)を使います。

f0063931_102398.jpg
今日は宗旦丸卓の説明をいたします。
天板・地板ともに丸の一重棚で宗旦丸卓は利休の孫・宗旦が好んだお棚です。
天・地板の外側に二本柱が立っていて、全体が一閑張片木目になっています。
地板は厚く足はありません。風炉・炉ともに用います。
天板に棗をかざっておきます。

f0063931_1021791.jpg
拝見が終わったあとのかざりつけ。
お水を注ぐ時は二本柱ですので水指は動かさずそのまま。
片口の水次が適当です。

運びのお点前では竹の蓋置でしたが、お棚のお点前では焼き物などの蓋置を使います。
画像の道具組については丹庵常什のお道具ですので、突っ込まないでくださいね。
なお、このお棚はブログ・青年部つながりの茶々姫さまふげつ工房より送っていただきました。


f0063931_10255919.jpg
南天 菓匠庵製


初めてのお棚のお稽古で、二箇所同時に見ていると、だんだんそれぞれの進み具合が違ってきて、教えるほうがあわててしまいました。
もっと落ち着いてどっしり構えなくては・・・。

来週で今年のお稽古はおしまい。
あら、24日クリスマス・イヴだわ・・・。
みなさんいらっしゃるかしら?わたしはどなたともお約束はありませんが(笑)。

トップの画像は日曜日に新津のフラワーセンターで求めた「西王母椿」。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-18 10:32 | 宗恵の茶の湯日記

【追記あり】 男子茶遊会の市民呈茶席

f0063931_9414828.jpg

昨日16日は新潟県三条市にあります丸井今井邸で行われた市民呈茶席に行ってまいりました。
主催の「男子茶遊会」は県央地域の流派を超えた男性茶人の会です。
実は茶の湯のブログにkakkoさまより「当日は恒例になりました私の手打ち蕎麦を待合でみなさんに召し上がっていただく趣向になっております」とご案内があり、お蕎麦に釣られて参ったわけです"^_^"。

2階の待合に上がりますと、床には
文部省国史編修官兼国宝鑑定官・文化財専門審議会委員・主任調査官などを歴任した田山方南の「東京からお客さまがお出でになるので、柿を全部取るな・・・」といった内容の画賛。
お花の代わりに石菖が・・・ん?もしや・・・。

可愛い中学生の男の子がお蕎麦を運んできてくれました。
f0063931_9573645.jpg
(デジカメを忘れ携帯で撮ったのでピンボケ!)
kakkoさまお心づくしの手打ちのお蕎麦。大変美味しくいただきました。
打ちあがったのが朝?の3時だったそうです・・・。

県央地域は宗偏流・石洲流が多く、また裏千家もほとんどの方が中越支部ですので、全く顔見知りの方がいらっしゃらないこともあり、素人を決め込んでリラックスしてお席が楽しめます。

本席に入ったとたん、みなさん「わぁ~」との声。点前座近くには短檠(たんけい・灯具)、席の所々に行灯が・・・夜咄(よばなし)の趣向。

床に相国寺大龍師の宗旦狐の画賛。
この「宗旦狐」についてはまたの機会に取り上げたいと思います。
花は蠟梅に初嵐が鵬雲斎大宗匠の花押付のどっしりとした竹の一重切に入っていました。
本来なら夜咄には油煙を吸収するといわれ石菖を使うのですが、良い花入れにめぐり合えたということで石菖が待合に置かれていた訳です。
ご亭主kakkoさまの干支でもあるイノシシの香合。

綺麗な金蒔絵の炉縁にたっぷりとしたお釜が良い音を立てています。
山里棚に大きな信楽の水指・・・長岡の作家・今千春の作品。
薄器は丸く可愛いお花の蒔絵がいくつも全体に施してある輪島の作家のもの。
茶杓は井口海仙宗匠作 銘 無事
お茶碗は3代小川長楽。替はかぶらの絵がついた塩笥(しおげ・朝鮮の塩入れの小壺で胴がふくらみ、口がすぼまった形)のお茶碗。
お菓子は銘・埋み火 美豆伎庵製

お道具組その他kakkoさまフォローよろしく(^^)v。

【追記】こちらにコメントいただきました。ご覧になってください。
http://blogs.yahoo.co.jp/soukei0322/53724702.html



暮れの忙しいひととき、ホッといたしました。
わたしも来年は来ていただいた皆さまにゆっくりしていただけるお茶会がしたいな
と思いました。

お席が終わり・・・遠くから来たということで・・・手打ちのお蕎麦をお腹いっぱいいただきました。
ありがとうございました。水屋のみなさまにも重ねて御礼申し上げます。

次回は来年3月16日(日)場所は同じく丸井今井邸。楽しい春の趣向だそうですよ。



このあと、新津のフラワーセンターで茶花を探してきました。
途中、メルガーデンさんの前を通りました。
へぇ~ここなんだ・・・。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-17 09:47 | 宗恵の茶の湯日記

わたしの「今年の漢字」:『ジョージ・バーンズ』

f0063931_20222816.jpg
うふふ、咲きました!『ジョージ・バーンズ』





さて毎年恒例となりました「今年の漢字」。

予想どおり「偽」でしたが

わたしの今年一年を漢字で表すと「縁」

ばらの縁・茶道の縁・学生時代の縁・ネット上での縁・・・

来年もこの「縁」を大切にしていきたいと思います。

「縁」は偶然でなく必然。これ・・・わたしの持論!


みなさまの漢字は何でしょうか?

そういえば去年はこんな記事を書いていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/soukei0322/44919756.html
[PR]
by soukei3 | 2007-12-15 07:10 | 宗恵のばら日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧