<   2007年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

花月の旅

ミクシィで知り合い、実際にお友達になった方を「リアルマイクミク」と呼ぶそうですが、
土曜日はリアルマイミクになったゆっちさま、よっちゃんそして共通の知り合い二人(お茶の世界は狭いのね・笑)とわたしの5人で初の花月勉強会をよっちゃんのお宅で行いました。

f0063931_11152039.jpg

よっちゃんのお家は合併してT市になったのですが、わたしの家からですと二通りの行き方があります。一つ目は東三条で弥彦線に乗り換え。もう一つは新潟で越後線に乗り換え。今回は東三条で乗り換えました。その方が2分早く着きます・・・。2時間16分かかりました。これは小旅行ですね。「えちごワンデーパス」というのがあって1500円で乗り降り自由なんです。着物バッグを抱えて行ってきましたよ。

木、金と台風の影響で新潟は猛暑でしたが土曜日は時々雨が降り程よい温度で、よっちゃんのお家は風が通りすごしやすい「花月日和?」でした。

ご自宅を新築なさった時に、お茶ができるように設計されて水屋もあり素晴らしいお家でした。
いいなぁ、うらやましー!!!



最初ですので簡単な花月をお願いしました。
1、炭付花月
2、濃茶付花月
3、貴人清次花月

「ではアイスコーヒーでも飲みましょう」とよっちゃん。
まだまだやる気満々のSさんより「15分で平花月ができるかやりません?」ということで
もう一騎やることに・・・。
花月を一回やることを「一騎」と言います。
花月については追々お話いたしますね。
茶道修練のためのゲームのようなものです。
今回、数年ぶりで経験したわたしにとって、大変勉強になりました。
歩き方、折据(おりすえ)のとり方・回し方・・・何もかもが勉強でした。

特に貴人清次の千鳥茶巾の置き換えの意味が良く理解できました。お濃茶・花月の場合は、もうお茶を点てることはないので置き換えがない、ということです。

f0063931_11431910.jpg
何のことだかチンプンカンプンの花月之記の書き方もわかりました。
「月」はお正客。「主」は亭主。名前の上の数字は「お点前をした人」下の数字は「お茶を飲んだ人」(元々下手な上に走り書きの汚い字でごめんなさい)。


これを機会に毎月一回、続けていきたいですね。
次回は9月15日(土)。場所も決まりました。
[PR]
by soukei3 | 2007-08-06 11:48 | 宗恵の茶の湯日記

『バッテリー』

f0063931_15573696.jpg
昨晩NHK「クローズアップ現代」で取り上げられていた『バッテリー』。
わたしは読んではいませんが、20代から40代の女性の間で話題になっているそうです。もともとは児童書なんだそうだ。

「本気になりたい」がキイワード。

作者自身3人の子育てを終え「他人の物語の中で生きてきた自分に気付いた。本気で自分の人生を生きていなかった。」そうです。
そこが今の20代から40代の女性に共感を呼ぶらしい・・・。


へぇ~。そうなんだ・・・。
わたし自身は常に「本気で生きてきた」し
自分自身の人生を生きてきたなぁ・・・。
というか自分本位の人生・・・かもしれない。
言い換えれば自分勝手・・・。
そしてこれからも変わらず生きていくんだなぁ・・・。



今日から日曜日までお休みいたします。
また月曜日にお目にかかりましょう。


◎唐津の中里太郎右衛門陶房よりお知らせをいただきました。
 HPを開設されたそうです。
 ご覧になってください。
 http://homepage3.nifty.com/tarouemon/main.html
[PR]
by soukei3 | 2007-08-02 08:00 | 宗恵の本棚

宗恵の茶の湯講座2:千歳盆点前(ちとせぼんでまえ)

『裏千家茶道教科1 初歩の茶道 割稽古』に先に説明いたしました「盆略点前」の次に載っているのがこの「千歳盆点前」です。お教室ではあまり行われていないようですね。
わたしはこの本を見て是非やってみたくなり、一番初めに求めた茶道具のひとつです。


千歳盆点前

f0063931_164857.jpg
千歳盆は、裏千家14世淡々斎宗匠の還暦を祝って、嘉代子夫人が新しく考えられ、好まれたものです。大変簡単に、しかも秩序だったお点前で礼を失わずに抹茶を差しあげることができます。
基本は「盆略点前」です。
盆を持ち出してお点前しますが、画像のようにお点前を始める前に、盆の上に景色として帛紗をさばいて飾っておいてもよろしいです。


このお点前には千歳盆のための特別な敷古帛紗が必要になります。
f0063931_16182777.jpg
右がそうです。普通の古帛紗より一寸ほど小さいですね。
左 伊予簾緞子(いよすだれどんす)   右 淡々斎宗匠御好 七宝雪月花裂(しっぽうせつげっかぎれ)
この敷古帛紗の箱の蓋には「1984年4月30日 京都高島屋にて求める」と書いてありました。
実はちゃんとお点前をしたのは今回が初めてです・・・。


f0063931_16222753.jpg
お茶が点ちました。
どうぞごゆっくり。
[PR]
by soukei3 | 2007-08-01 08:00 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧