<   2007年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

『弱き者の生き方 日本人再生の希望を掘る』

f0063931_1015984.jpg
京都にいる妹が電話で
「京都で大塚先生と作家の五木寛之さんとの対談がある。」
と知らせてくれた。
大塚先生とは、わたしの大学時代の恩師・大塚初重先生のことである。
時々、お電話やお便りでわたしが「元気をいただいている」先生である。
この対談、東京・京都・福岡で行われるそうだ。
大塚先生、本当にお元気!!!

先輩のセースイさまから、本はすでに出ている、とお聞きし早速購入。

大学2年の夏に約一ヶ月間、茨城県勝田市(現・ひたちなか市)にある虎塚古墳および十五郎横穴群の発掘調査に参加し、ミーティングのあとは毎晩宴会で大塚先生の独演会状態・・・。
この本にはその時にお聞きしたお話が満載であった。
この調査に参加したことで、その後のわたしの人生が大きく変わったこともあり、大変懐かしい思い出である。

本の帯にはリリー・フランキーさんの感想が載っている。
「魂を激しく揺さぶられ、そのあとで、優しく洗われたような、美しい対話。
私の弱い心と、生きる力を、同時に握りしめられたようなな経験でした。
すべての世代に、手に取っていただきたい。この経験と言葉を。」


この対談は以前に、大塚先生がラジオで戦時中ご自身が乗っていた船がアメリカ潜水艦に撃沈され、燃えながら沈む船中から脱出したときの話をなっさたのを、偶然五木さんが聴いていらして、こうした体験者と死や人生について話をしたかった、ということで実現したそうだ。

沖縄戦についての教科書記述問題や久間さんの発言もそうだが、最近は過去の戦争を美化しようとする風潮がある。それも戦争を知らない世代が、である。
もちろんこの本はそういった戦争の悲惨さを訴えるものではない。
一人の日本人として人間としてのあり方を考えなおさねば、と思った次第である。

是非とも世代を超えた多くの方にこの本を読んでいただきたい。

かくいうわたしは、結局のところ・・・世界の平和を願って一碗のお茶を心を込めて点てるしかできないのだが・・・。


『弱き者の生き方 日本人再生の希望を掘る』 大塚初重・五木寛之 
2007年6月25日発行 毎日新聞社刊
[PR]
by soukei3 | 2007-07-06 10:15 | 宗恵の本棚

第27回 チャリティー茶会 水無月グループ

昨日はわたしの属しております(社)茶道裏千家淡交会新潟支部水無月グループ担当のチャリティ茶会でした。

今までは青年部として何回かこのチャリティ茶会を経験いたしましたが、師範会の先生方とご一緒するのは初めてで、緊張して会場の新潟伊勢丹7階・茶室「丹庵」に向かいました。
青年部とは勝手が違い、何をして良いものやらウロウロ・・・。
なんとか自分の居場所を確保してスタンバイ。

f0063931_11102069.jpg
お席の道具組はこのお軸から始まりました。
大徳寺三玄院長谷川寛州師筆 漁夫生涯竹一竿

f0063931_11151316.jpg
花入 魚籠    時代
本当に魚籠として使っていたものです。

f0063931_11163959.jpg
香合 筏 淡々斎在判 岩城秀斎 造

風炉先 翡翠 景峰 造
釜    冨士釜 佐藤浄清 造
風炉  唐銅面取
水指  釣瓶 夕顔に観世水 山本一如 造
薄器  流水蒔絵 吉田華正 造
茶杓  立花大亀老師作 銘 颯々
茶碗  明代 青花
 替  斗々屋 銘 吟風
 替  銘 寿海 久世久宝 造
 蓋置 青竹引切
 建水 打出し 玉川堂 造

f0063931_11493224.jpg

菓子  水面 鮎  丸屋本店製
  器 独楽盆 3代村瀬治兵衛 造

煙草盆 淡々斎好 拭漆 四方手付
  火入 黄瀬戸 輪花 時代


お点前・お運びをさせていただき、大変勉強になりました。
先生方の中で右往左往の一日、お世話になりありがとうございました。

毎回、日曜日に担当する青年部がお客様の数ダントツ1位でしたが
昨日は平日にもかかわらず、大勢の方にお運びいただき
初日だった青年部の数を上回りました!!!
少しはこのブログの影響もあるのかしら・・・
なんて・・・ちょっと思ってしまいました。
お出でくださいました皆さま、ありがとうございました。

金曜日までチャリティ茶会は開催しております。
バーゲン帰りに是非お立ち寄りくださいませ。
[PR]
by soukei3 | 2007-07-05 11:38 | 宗恵の茶の湯日記

さて:『デインティ・ベス』

f0063931_5471467.jpg
デインティ・ベス HT 1925年 イギリス Archer作出
カタカナ表記にいろいろありますがdainty・・・優美なだから「デインティ」が良いのでは?
このばらを初めて丘陵公園で見たとき、とても感動しました。
スパイシーな香りです。



さて、これからお着物をきてチャリティ茶会のお手伝いに行ってきま~す。
いざ! 
[PR]
by soukei3 | 2007-07-04 05:47 | 宗恵のばら日記

お茶会のはしご♪ その2

丹庵を後にして、骨董市を冷やかしに行っていた相方くんと合流。
彼の携帯の電源が切れていたため連絡がとれず、1時間も待っていたらしい(>_<)。
「メールくれたら良かったのに」と相方くん・・・あれれ・・・そのためのメールでしたね(ーー;)。
そういえば・・・独身の時、相方くんを1時間以上待たせたことがあったっけ・・・。
当時は携帯などもちろんなく、待つしかなかったですよね・・・。
今は逆に約束していても「悪い、急に用事ができちゃって・・・ゴメン」で終わり。
いいような悪いような・・・。
あっ、話を元に戻します。

とそこにマイミクのよっちゃんから電話が・・・
「今、遊神亭にいるんだけど、混んでるよ。茶券買っておくから来たらすぐ入れる。」ということで・・・
「すみません・・・白山神社まで行っていただけますか?」



新潟市の白山神社境内にあります「遊神亭」では毎月第一日曜日に裏千家男子の会によります市民呈茶が行われています。椅子席のホントに気楽なお茶席ですので、是非お入りになってください。

本日のご亭主はY氏。気合が入っていらっしゃいました!!!
会の代表M先生の喜寿のお祝いと七夕をかけてのお道具組。

お床には「喜」の一行。
f0063931_10383069.jpg
M先生の干支にちなんで「蛇籠」にムクゲが他の夏草とともに素敵に入っていました。
携帯で撮ったため写りが悪いですね。
このムクゲ。ご亭主が執念?で探してこられたもの。毎日探してやっと前日3つ見つけられたそうです。
香合は独楽。
点前座にはご亭主手作りの星の透かしの入った銀の蓋置・青竹の敷板・横に糸を渡した結界。
こちらのお席でも唐津の皮鯨のお茶碗でした。
お菓子はやはり会員である美豆岐庵さんと一緒にお考えになった3色の餡を葛で包んだもの。みなさんの心が一つになる、というような意味が込められているそうです。大変美味しかったです。銘は「一会」でしたっけ?
ご亭主の代表へのお祝いの気持ち、そして遊神亭でのお客さまとの出会い・・・ひしひしと伝わるお席でした。
お道具組でいつも感じるのですが、男性の方がロマンチストですよね。
本来、お茶は男性の嗜みでした。やはりお点前・お運び・・・男性だけのお席っていいですね。

お席のあと、ご亭主とお話する機会がありました。
ナント!このブログをご覧になっていらっしゃるとのこと♪
ばらもお好きだとか・・・お茶にばらに・・・これからもどうぞよろしくお願いいたします。
今度の日曜日に行くことになっているお茶会もY氏がご亭主だそうで・・・。
2週続けての席持ち、お疲れさまでございます。
楽しみにしておりますので、がんばってくださいね。



待ちくたびれた相方くんと「白寿」の うま煮ラーメンを食べに行きました。おしまい。
[PR]
by soukei3 | 2007-07-03 10:58 | 宗恵の茶の湯日記

お茶会のはしご♪ その1:『ホワイト・ウィングス』

f0063931_1159211.jpg
ホワイト・ウィングス HT 1947年 アメリカ Krebs作出
長岡にあります越後丘陵公園で気になったばらです。
白い花びらに紫の花芯が素敵でしょ☆

昨日は「お茶会のはしご」をしてきました。

まずは新潟伊勢丹7階・丹庵で行われている
(社)茶道裏千家淡交会新潟支部主催
第27回チャリティ茶会

10時過ぎに着きましたのに、もう三席目。
11時20分からですので、その間にバーゲンを物色。
ふふふ・・・tricot COMME des GARCONSのカーディガンとスカートをゲット♪

時間になりましたので丹庵に行きますと、なにやらお正客が決まらない様子。
この日はあさひ青年部担当で、部長さんと目が合ってしまい・・・
腕をつかまれて・・・無理やり・・・お正客の席へ・・・。
おかげさまで楽しいひと時をすごさせていただきました。

お床には見るからに涼しげな「瀧」の一行。
桂籠に夏草が品良く入れてあり、床脇には雷神図の団扇が。
点前座にはたっぷりと水を含んだ釣瓶の水指。
瀬戸唐津の皮鯨で美味しいお茶をいただきました。
お菓子は可愛らしい鮎。

あさひ青年部は今年卒業の方が席を持たれます。
わたしも最後の年。思い出に残るお茶会になりました。
ありがとうございました。

なお、このチャリティ茶会は6日(金)まで行われております。
一席800円。
お買い物ついでに一服いかがですか?

わたしは4日(水)師範会の6月グループとしてデビューいたします。
大先生方に囲まれ、隅で小さくなってお茶碗を洗うことにいたします(汗)。
[PR]
by soukei3 | 2007-07-02 11:59 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧