<   2007年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今年初めての男子の会・市民呈茶席

昨日は2月18日に行われる
青年部総会の茶席の相談に乗って欲しいと
担当の役員の方に頼まれて
男子の会の茶席&ランチを兼ねて新潟に行ってきました。

某所で打ち合わせ。
大事な道具組はそっちのけで
いろいろお話が弾み~♪
でも、しっかりお道具は決まりましたよ~。
自分がお客様で参加する茶会なのに・・・ま、いっか・・・。

f0063931_1134033.jpg

f0063931_10442093.jpg

毎月第一日曜日に新潟市白山神社内「遊神亭」で行われている
裏千家男子の会・市民呈茶席へ参りました。
例年、雪深い境内をやっとの思い?でたどり着く遊神亭ですが
今年は雪もなく、お客様も大勢おいでになっていました。

まずは代表M先生のご挨拶。
利休百首の中の

水と湯と茶巾茶筅に箸楊枝 柄杓と心あたらしきよし

を取り上げられ、新年最初のこの席ですので
新しい心でおもてなしできれば
とおっしゃっていました。

本日のご亭主は元某青年部部長のT氏。
掛け物はなんと!菊池寛『真珠夫人』のモデル・柳原百蓮の色紙!

梅の木の あるかなきかの つぼみこれ
            大地にひそむ 春のたましい


う~ん、これはご亭主がお選びになったのでしょうかぁ・・・。
それとも奥様?
最近、林真理子の『百蓮れんれん』を読んだばかりなので
この色紙にお目にかかれてうれしかったです。

花入は平たい薄茶色のお皿に梅の花が横向きに入れてありました。
ひらひらと数枚花びらを散らして・・・。お洒落!
香合はご貴人がかぶる烏帽子。
風炉先は煤竹を細く裂いて組み入れたご亭主手作り。
水指は石田一平さんの焼締め。芋頭風。
薄器は見立てでオランダの細長い小壺。
ご亭主自ら削った茶杓。銘は「王朝人」。
茶碗は山田和さんの赫釉織部(かくゆうおりべ)。
お菓子は源氏香の焼印が押してある「梅が枝」。美豆岐庵製。
神代杉の煙草盆に紫志野の火入れ。

ご亭主はご夫婦で茶の湯を楽しんでいらっしゃいます。
うらやましいなぁ、と思う反面、趣味は別の方がいいかも!
わたしの夫はお抹茶が好きだし、焼物好きで詳しいし
つかず離れずで調度よいのでは・・・。

このあとランチに行ったのですが、また明日のお楽しみぃ~。

ばらネタがなく困っていましたが
t-mtさまがわたしに代わってアップしてくださいましたので!?
こちらをご覧ください(爆)!
[PR]
by soukei3 | 2007-02-05 11:36 | 宗恵の茶の湯日記

神谷バー

コメントくださった方のブログを覗いたら



とても懐かしい画像が飛び込んできた・・・



神谷バー



遠い昔のこと。
[PR]
by soukei3 | 2007-02-03 19:49 | 宗恵の日常

習い事:ふきのとう

f0063931_10374631.jpg

わたしは結婚するまでピアノを習っていました。
が、ここ何年も鍵盤に触っていません。
小さい時は音楽の先生か英語の先生か天文学者か
はたまた考古学者になりたくて、真剣に悩んだものです。

長男が「僕もピアノ習ってれば良かったなぁ。」と今頃になって言います。
習わせようとしましたが・・・
やらないって言ったじゃない・・・。

画像は庭に出ていた「ふきのとう」。
もう顔を出しました。

明日は次男が東京から帰ってきます☆
長男は夏休みまで帰ってこないみたい。
車作りに夢中で、就活はしないようだ・・・
ということは・・・
茶道三昧の日々はまだまだ先だなぁ・・・。


茶の湯 あいうえお 「つ」・・・堆朱  我が家の家宝!?が登場♪
[PR]
by soukei3 | 2007-02-03 10:37 | 宗恵の日常

新しいということは いいですね♪

10年ほど前に市の検診でしこりが見つかり
それ以来毎年乳がんの検査を受けていました。
きょうは9時半の予約なので、例年お昼過ぎまでかかるので
去年秋オープンしたばかりの病院の見学を兼ねて?
ワクワクしながら!?出かけていきました。

f0063931_15371456.jpg
玄関です。
中は吹き抜けになっていて、まるでホテルのよう!
今までのゴチャゴチャした雰囲気とは違い
受付もホテルのフロントみたいにゆったりしています。
電話予約だったので、新しいカードを発行してもらい
「再診登録」の機械に入れると・・・
これから行くべき場所が書かれた指示書が出てきます。
それを持って2階の外科の受付に行き
マンモグラフィの撮影をしてきてください、と言われ・・・。
あ~、これが嫌なんですよね・・・。
技師が男性だったら。。。と思っていたら女性でした!
良かったぁ♪

撮影も終わり、いよいよ診察です。
看護士さんが名前を呼ぶのでなく、先生が中からマイクで番号を呼ぶんです。
エコーの検査をしてもらい・・・
「もう何ともありませんので、次回は市の検査で充分ですよ!」
「わぁ~い、無罪放免!!!」
カルテもすべてパソコン入力。
お医者様もパソコンが使いこなせないとダメな時代です。
ある先生は手取り足取り看護士さんに教えてもらいながら
診察されているそうです・・・。

会計に書類を持っていくと、番号が書いた紙を渡されます。
その番号が掲示板に出ると、機械で支払い!
今までは小1時間かっかたのに
なんと!10分!
始めにもらったカードを機械に入れると、画面に金額が表示され
ATMのようにお金を入金すると・・・
領収書とおつりが出てきます。
お年寄りはやり方がわからなくても、ボランティアの方がたくさんいて
みんな教えてくれます。
県立病院も至れり尽くせりの時代ですね。

11階が展望室になっていて、カフェもあります。
ケーキセットをいただきました。
f0063931_15561463.jpg

遠くの山は見えなくて残念でしたが
日本で一番小さい山脈『櫛形山脈』です。
f0063931_15581886.jpg


あらら、携帯カメラのサイズ設定を間違えていますねぇ。
小さくてごめんなさい。でも良い写真でないからちょうどいいですね。
[PR]
by soukei3 | 2007-02-02 16:04 | 宗恵の日常

可愛いアルバムが届きました:♪誕生日♪

きょうは長岡市立科学博物館に用事があるので
ちょうど『陶のかたちⅣ ~現代陶の奇蹟』を開催中の「ぎゃらりい栗本」へ。
夫の誕生日ですので、以前から狙っていた若尾経のぐい呑みをゲット!
修士論文の追い込み中、息抜きにやってきた長岡技科大の学生さんは
加藤委(つぶさ)のお皿を手に入れていた。
若い方が焼物に興味を持たれてうれしいな。
そのうち茶道にも・・・と思ってしまいます・・・。

お昼は長生橋を渡った先にある「フレンチダイニング アシェット」。
f0063931_2019262.jpg
メインディッシュの「牛ホホ肉の赤ワイン煮」です。
家庭的な雰囲気のお店で、素材を生かしたお味で美味しゅうございました。

長岡市立科学博物館で夫が用事を済ませている間
わたしはK氏の「地球の歩き方 パリ&マドリッド編」を拝聴しておりました・・・。


家に戻ると






お~届きました!






rose_kanpaiさま からの「ミニアルバム」♪
f0063931_20265931.jpg
『ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ』

先着5名にいただける、ということで応募いたしました!
みごと当選!?
10枚の写真が収められています。
わたしは右の『新雪』がroseさまらしくて好きです☆
f0063931_2031459.jpg
左は『ジュリア』
roseさま、ありがとうございました☆
パソコンの横に飾って、いつも眺めていますね!
[PR]
by soukei3 | 2007-02-01 20:41 | 宗恵の本棚


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧