<   2007年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

女だから・・・:『ホワイト・パルファン』

f0063931_11434050.jpg
昨日の朝日新聞の「ひと」欄にハーバード大学長に決まった
ドリュー・ギルピン・ファウストさんが紹介されていた。
ハーバード大学初の女性の学長。記者会見で
「ほんの一世代前には想像もつかなかった機会。
門戸を開く象徴になれば」と話し、一方で
「私はハーバードの女性学長ではなく、学長だ」とも語った。

わたしは「男の子だから○○、女の子だから○○」と頭につけることが嫌い。
「女の子だからこうしなさい」
と育ったことがないので、両親に感謝している。
もちろん男女の性差については充分に認識している。
しかし、人間の在り方として区別はないと思う。

以前から疑問に思っていた。
離婚後、男性はすぐに結婚できるのに女性は3ヶ月間できない。
最近話題になったが、離婚後300日以内に産まれた子供は先夫の子供とみなされる、という130年以上前に作られた法律がいまだ適用されている。

世の中、見た目は女の子が元気で、おばちゃんパワー炸裂ですが
根本的なことは何も改善されていないような気がする・・・。

◎画像は、これですべて咲き終えました!?『ホワイト・パルファン』
[PR]
by soukei3 | 2007-02-17 11:44 | 宗恵のばら日記

今日の新聞に!:choriさん

f0063931_9404256.jpg
今朝、友人から「日報見た?」と携帯メールが!
えっ、何だろう・・・と思って見てみると・・・
『新潟日報』の文化欄の「人物点描」に

自ら朗読するアーティスト
詩人 choriさん

地方紙にも取り上げられるようになり、NHKの取材もあったそうだから
これから段々全国的にマスコミに登場する機会も増えていくのだろう
(京都ではいくつかの番組に登場されています)。

・記事より・
自分の感情を吐露するためなんかではなく、
詩はあくまで「ツール」なのだと今も言い切る。
(中略)
いくら「ツール」と言われても、そのけだるい言葉に
やはり22歳の「青春」を感じてしまった。

4月には新潟でもライブがあり、今から楽しみ♪
あのぉ~・・・お髭が・・・。

◎追記
この記事は昨年末に取材されたものだそうです。
その後、さっぱりお髭を剃って初釜に臨まれたので
今はないです・・・と思います。

◎久々に更新しました。
茶の湯 あいうえお 「な」・・・七ひずみ 
[PR]
by soukei3 | 2007-02-16 09:41 | 宗恵の日常

うちの子はアジアが好き:タイ料理「クルーズ ダイナー」

f0063931_13233191.jpg
わたしの子供たちはアジアンテイストのお店が好き。
去年の今ごろは、長男がラオスで行方不明になったりで大騒ぎしていました。

次男が13日に東京に戻るというので、11日の晩に最近オープンした
タイ・アジア料理 アジアン・カフェ「クルーズ ダイナー」へ行ってきました。

f0063931_13243414.jpg
次男が注文したナシゴレンです。

f0063931_13253527.jpg
わたしが食べたタイ風チャーハン。

f0063931_1326149.jpg
みんなで食べたタイ風お好み焼。

画像はありませんが、夫はレッド・カレーを注文しました。
夫と次男は大変満足していました。わたしは・・・たまに行くならいいかな・・・。

こんなものが飾ってありました。
f0063931_13295514.jpg

[PR]
by soukei3 | 2007-02-15 13:31 | 宗恵の日常

あなたに・・・あげる♪

f0063931_8205768.jpg
f0063931_82836100.jpg
f0063931_8284883.jpg
f0063931_8212745.jpg


      こんなチョコを見つけたので、あなたにお届けします。
[PR]
by soukei3 | 2007-02-14 08:25 | 宗恵の日常

ばらの接ぎ木の講習会&わがつくさんのお菓子でお茶会♪

昨日(12日)は長岡にあります国営越後丘陵公園でおこなわれた
ばらボラ・ECHIGO主催の「ばらの接ぎ木の講習会」に
今期から茶会委員長になられたEさんとEさんのお母さまと参加しました。
新潟駅でEさん母娘の高級車!に乗せていただき、いざ長岡へ!
暖冬小雪ですが長岡は一晩で20cmほど積もったようです。
f0063931_113704.jpg
昨日のばら園の様子です。
ちなみに去年はこんなでした。

講師は以前、紫雲寺記念公園のばらの講習会でお世話になったsakura先生。
f0063931_11421363.jpg
ノイバラの台木に好きなばらの穂木を接ぎます。
これは『ロイヤル・ハイネス』。
全部で5本接ぎましたが・・・果たして芽が出るでしょうか・・・。
全滅だったりして・・・。

講習会終了後「わがつくさん」のお菓子で簡単なお茶会をいたしました。
長岡在住で我が師匠のお孫さんのKさんもお手伝いに来ていただきました。
f0063931_11484250.jpg

一番上は「東風(こち)」・2段目左「雪の華」・右「梅枝(うめがえ)」・左下「桃の花」・右「水仙」
お盆に乗せて、お好きなお菓子を選んでいただきました。
「水仙」が一番人気だったようです。
あわてて撮ったので、楊枝がひっくり返っていたり、不ぞろいでごめんなさい。
f0063931_115422100.jpg
お菓子をいただいているところ。31名の参加でした。
「美味しい!どちらのご製ですか?」と大変好評でした。
わがつくさんはヤフーブログで知り合った和菓子職人さんです。
裏千家茶道を習っていらっしゃり、とてもお茶目な?方です。
どうぞブログをご覧ください。ファンになってしまいますよ☆
f0063931_11594635.jpg
点前座です。薄器に見立てた本物?の「キンマ」・引き出し黒 碗 山田和 造・お土産の春慶塗茶杓・去年「これはいい!」と求めた瞬間に沸くポット。下に敷いたホワイト・キルトは10年以上前にわたしがチクチク作ったものです。
お茶は「妙寿」芳香園詰。某お道具屋さんの4割引きにつられて求めましたが、これまた「美味しい!」と好評でした。

また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。
「春のばらまつり ばら園呈茶」も是非!!!

★おまけ
帰りに「新潟県立歴史博物館」にこれを見に行きました。
f0063931_12104562.jpg
思っていたよりたくさんの人がお見えでした。
そこで、前日本考古学協会会長A先生ご夫妻とバッタリ!!!
そして一緒に行ったE母娘とは旧知の間柄!これまたびっくり。
A先生の奥様は裏千家茶道をなさっていらっしゃることは以前からお聞きしておりましたが、直接は存じ上げていませんでした。奥様はわたしのことをご存知だったそうで・・・。お茶の世界は狭いので・・・。これも「気」のなせる技でしょうか・・・。
[PR]
by soukei3 | 2007-02-13 12:18 | 宗恵のばら日記

22歳の詩人”chori”さん

2月4日に行われた京都・新風館でのchoriさんのライブの様子を
尊敬しておりますわびすけさまがブログにアップされていました。
「ギターの弾き語り 維新の詩を読むchoriさん」
choriさんについては去年の9月11月12月にもブログに書きましたので
ご存知の方も多いことと存じます。

よく「何故choriっていうの?」と聞かれます。
小学生の時、本名が「千」なので手紙の最後に
「千ヨリ」と書いたのを、お友達が「チョリ」と読んだからだそうです。
それ以来「チョリ」。可愛いですね!

今日はわたしの「お宝」をアップします。
去年の流行語にもなったミクシィで
「11月10日のchoriさんのお誕生日におめでとうメッセージを送った方2名に
サイン入り詩集と音源をプレゼント」
というのにメデタク当選したのです。
ここでもchoriさんの「気」とわたしの「気」が引き付けあったんだな
と勝手に思っています・・・。

f0063931_1231376.jpg
打楽器・ベース・ピアノなどの演奏をバックにして詩を朗読するって言ったらよいのかしら
ラップとは違う「言葉でのパフォーマンス」。
わたしは最後の「いつか」が今一番のお気に入り。

自分の感情に どこまでも 素直でありたい

今年は関西だけでなく、全国何ヶ所かでライブがあります。
みなさんの街にも現れるかも!
わたしも楽しみにしています♪

☆2月のライブ情報はこちら
[PR]
by soukei3 | 2007-02-10 12:41 | 宗恵の日常

「気」:玉の緒よ

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
             忍ぶることの 弱りもぞする
     式子内親王

わが命よ
絶えるならいっそ絶えてしまえ
このまま生きながらえていたら
秘めた恋を押しかくす力が
これ以上堪えきれず弱まるかもしれぬから 『田辺聖子の小倉百人一首』より


この歌は百人一首の中で一番好きな歌です。
人気投票をしたらつねに1、2位を争うのではないか、
と田辺聖子さんも書いています。
昔からの伝説で藤原定家と内親王は恋仲であった、ということになっています。
治承5年(1181)正月3日に20歳の定家は父・俊成に連れられて、
内親王の御所にはじめて参上します。
定家の日記『明月記』には、
「薫物(たきもの)ノ馨香(けいこう)、芬馥(ふんぷく)タリ」
とあり、御簾のうちにあらわれた内親王の室内には、
たかれた香の匂いが濃密にたちこめていた様子が書かれています。
この日から自分より8、9歳年長の才たけた貴婦人に、
あこがれを募らせていきました。

この伝説をもとに作られた謡曲「定家」があります。
昔むかし、わたしがお勤めしていた時、支店長の代わりに
京都観世会館にこの演目を観に行ったことがあります。
翌日、わたしは内親王にとり憑かれたのか頭が割れるように痛く、
起きられなかったことを今でもよく覚えています。
内親王の「気」がわたしに乗り移ったのかも知れません。
去年あたりから「気」というものを感じるようになって、以前にも書きましたが、
人と人が出会うのに偶然はないそうです。
お互いの「気」が引きつけ合うのだそうです。
長男も関心を持っているらしく、それは物理学的に「量子力学」で証明される、
と言っていました。人と物にも当てはまる体験をやはり去年いたしました。
「量子力学」を勉強したいですね。

百人一首の中の藤原定家の歌もご紹介します。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
         焼くや藻塩の 身もこがれつつ


待っても来ないあの人を
わたしは待っています
松帆の浦の夕凪のなか
藻塩焼く火に
さながら わが身も
じりじりと焦がれるばかり
恋に悶えながら・・・・・・             『田辺聖子の小倉百人一首』より


昨晩、あるブログを見ていたら小野小町の歌が思い浮かびました。
百人一首では

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

ですが、思い浮かんだ歌は

想いつつ・・・で始まる歌です。


茶の湯 あいうえお「と」・・・桐蔭席(とういんせき)
[PR]
by soukei3 | 2007-02-09 10:05 | 宗恵の日常

資生堂 ローズ・ロワイヤル

f0063931_11182852.jpg
ずっと以前に「限定品」に惹かれてつい手に入れてしまいました。
箱もボトルもレトロでしょ。


Rose Royale

        蜂蜜のような甘さのなかに
        どこか凛とした気品がある。
    王妃マリー・アントワネットにも愛されたばら
         ロサ・センティフォリア。

        特に南フランスの香水の街
        グラースで育てられたものは
           特別な香りをもち
     限られた人にしか手にすることのできない
        とても希少な価値を持ちます。

         このばらをふんだんに使い
    パフューマー ナタリー・ロルソンの調香を経て
           気高いばらの香りへと
             仕上がりました。


トップ・ノート
はじまりは光り輝くような気品、そして包み込むようなやさしが、
上品なブルガリアンローズとマグノリアにベルガモットが颯爽と。

ミドル・ノート
華やかに、甘く心を溶かすように。
王妃のばらロサ・センティフォリア、イランイラン、ジャスミンが
ドラマティックに香ります。

ラスト・ノート
イリスやオークモス、ホワイトセダー、
時を経て生まれた香りが肌の温もりとあわせて、奥深く香りたちます。



はい、説明書丸写しです。

最後に書かれている調香師ナタリー・ロルソンの言葉が素敵☆

この香りは、エレガンスと自信を与えてくれる、魔法の一滴。
    身にまとえばもう、あなたが王妃なのだから。


うふふ、わたしは王妃ぃ~♪
[PR]
by soukei3 | 2007-02-08 11:50 | 宗恵のばら日記

あっ、ここでも♪

何かばらネタはないかしら・・・とネットサーフィンをしておりましたら・・・
ありました、ありました!
茶道裏千家淡交会鹿児島支部青年部でも「ばら祭り ばら園呈茶」を行っていたのですねぇ。
わたしが属する「とき青年部」でも昨年6月11月に長岡にあります国営越後丘陵公園のばら祭りでばら園呈茶を行いました。
ばらとお抹茶ってミスマッチのようですが、ばらの香りに包まれて優雅な気分で一服も良いものですよ。
また今年も行いますので、お楽しみに♪

来週の12日に国営越後丘陵公園のばらボランティア「ばらボラ・ECHIGO」の皆さんがばらの接ぎ木の講習会を行われるということで、その後わがつくさまのお菓子で一服いただきたく、お邪魔することになりました。皆さまとワイワイ楽しくひと時を過ごせたら、と今から楽しみにしております。お手数おかけすることも多々ございますが、よろしくお願いいたします。

鹿児島の青年部のホームページは良く出来ています。
部長の顔写真まで載っていますねぇ。
とき青年部も顔写真入りのHPを作ったら、会員数が増えるかもぉ~☆
特に男性の方☆大歓迎です。
5月末日まで募集しておりますので、師事されている先生、あるいはお知り合いの青年部員までお問い合わせくださいね。
こちらのコメント欄に内緒でお聞きくださっても構いませんよ。
許状・資格は問いません。お待ちしておりま~す♪

あっ、結局・・・茶道ネタになっちゃいましたね・・・。

茶の湯 あいうえお 「て」・・・天命釜(てんみょうがま)
[PR]
by soukei3 | 2007-02-07 11:21 | 宗恵のばら日記

日曜日のランチ♪

f0063931_1093334.jpg
5日の日曜日、茶会の打ち合わせで青年部のお友達2人と会い
裏千家男子の会の茶席にお邪魔した後
新潟市学校町通3番町にあります
「マ・メゾン・ボンジュール」でランチ♪
ここはかの「ノコギリ妻かおり」の母校のすぐ近くにあります。
一緒に行ったお友達の一人もそこの卒業生。
県下でも有数の進学校なのですが
おかげでえらい迷惑をしているそうです・・・。

f0063931_10105594.jpg
コンソメスープ

f0063931_10112553.jpg
ホタテの粒マスタード入りクリームソース添え。
ホタテもお野菜もソースで味が引き立ち、とっても幸せって感じでした。

f0063931_10121524.jpg
自家製のチョコレートケーキ。
しつこくなくあっさりして、バタークリームとブラックコーヒーがまたよくマッチ。

テーブルが5つのこじんまりとしたお店。
ギターやピアノ・マンドリン・ウクレレなどを聴きながらの
ランチやディナーもあるそうです。
今度はディナーに行くことにしましょう☆
[PR]
by soukei3 | 2007-02-06 10:22 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧