<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

☆ばら、再び!☆


f0063931_1055446.jpg
美術館ネタが続いたので今日は「ばら」・・・の折り紙です。
さて、この画像の中に5つ違う折り方のばらがあります。
どれでしょーか?
この折り方はヤフーブログの「ちぁっきぃさま」から教えていただきました。
幼稚園児でも折れる簡単なばら・・・だそうですが・・・。

f0063931_1052180.jpg

この折り紙は今回のばらを折るのに使ったものです。
やはりヤフーブログの「才蔵さま」(折り紙協会認定の折紙講師)が使っていらしたのと同じ!
偶然なんですが、なんだかうれしい♪

才蔵さまちぁっきぃさまもさすが!川崎ローズを制覇なさっていました!!!
今日、アマゾンから例の本が届きました!
しばらくは川崎ローズに四苦八苦の毎日かも・・・。

★追記 こんなサイトを見つけました。
本で理解できなかったところが「ちょっと」わかりました。
みなさんも試してみてね♪

茶の湯あいうえお  本日は「こ」・・・小習(こならい)
[PR]
by soukei3 | 2007-01-18 10:07 | 宗恵のばら日記

生誕120年 富本憲吉展

f0063931_1121933.jpg
五島美術館をあとにして世田谷美術館へ行きました。
現在「生誕120年 富本憲吉展」が開催されています。
叔父が工芸関係の仕事をしているので「是非見に行こう」ということになったのです。
正直、わたしはあまり興味がありませんでした。
が・・・!見に行って良かったです。
多才な彼の作品を一堂に見ることができて「食わず嫌い」は良くないな、と思いました。

「模様から模様をつくる可からず」

オリジナルな形と模様を追求して「用と美」という工芸のあり方をひたすら求め続けたのです。

このあと岐阜県現代陶芸美術館(4月7日~5月27日)
山口県立萩美術館・浦上記念館(6月30日~8月19日)と巡回されます。

こちらでも、素敵なミュージアム・グッズに出会いました。
f0063931_1185768.jpg

この小風呂敷は茶道具の箱を包むのにちょうど良いですね。

美術館を出た時はすでに真っ暗でしたが
最後の目的地、二子玉川の高島屋に行きました。
続く。

茶の湯 あいうえお 「け」・・・稽古の席掟
[PR]
by soukei3 | 2007-01-17 11:21 | 宗恵の日常

五島美術館

しばらく「ばらのお話」はネタ切れのため・・・ありません。
悪しからず・・・。

14日の恩師のお別れの会に出席するのに日帰りはもったいない
ということで13日から東京に行きました。
13日土曜日はお昼前に東京駅に着き、田園調布の親戚の家でお昼をいただきました。
叔父さまお手製のビーフカレー!美味しかったです。

楽しくおしゃべりをして、叔父夫妻と共に「五島美術館」へ。
途中、世田谷のど真ん中にぶどう園がありました!ニワトリも飼っています!!!
f0063931_13191048.jpg



五島美術館では「茶道具取合せ展」が開催されていて
素晴らしいお道具の数々を拝見することが出来ました。
とにかく凄い!!!
このお道具で五島慶太はお茶会をやっていたのねぇ。

お庭も見たかったのですが、次に「世田谷美術館」に行くということで断念。
こちらでは、確か毎年春にお茶会があるのでは?
いつか行きたいと思っています。

ミュージアム・グッズをついつい買ってしまいました・・・。
f0063931_1326464.jpg
f0063931_1327286.jpg
ハンカチは紺と緑も購入。ちょっとしたプレゼントに良いですね。
このハンカチの文様は名物裂(めいぶつぎれ)の一つ「大黒屋金襴」と言います。
名物裂とは元・明の時代の中国からの渡来の織物で
茶人たちによって掛物の表具や茶入の仕覆として愛玩され
今日まで大切に伝えられています。

「世田谷美術館」は明日アップします。


◎「茶の湯 あいうえお」 きょうは「く・・・桑小卓」
[PR]
by soukei3 | 2007-01-16 13:33 | 宗恵の日常

ついにゲット♪

昨日は恩師のお別れの会に出席しました。
先生のお人柄ですね、900人もの方が参列されたそうです。
なんだか未だに実感がわかず、懇親会の席に
「いやっ、久しぶり!」なんてひょっこり現れるような気がしていましたが
やはり声はかけてくださいませんでした・・・。
先生が大好きだった「住吉」飲ませていただきました。

この会でブログ仲間の後輩たちに会うことが出来ました。





そして





これをいただきました!





f0063931_11191581.jpg
ちょっと太目のキティちゃんです。
以前の記事でこれが欲しいと書いて、生協(今はM大マートと言うそうな)は日曜はお休み
と聞いていたので、無理かなぁと思っていたのですが・・・
さすが、後輩!前日に手に入れてくださったそうです。
いろいろお手数をおかけいたしました!
t-mtさんlotusさん・そしてlotusさんの相方くん
ありがとうございます☆
うれし~い♪

そして、同級生からはこれをいただきました!





f0063931_11243941.jpg
千葉・稲毛浅間神社のお守りです。
安産・子育てのお守りなんだそうですが…。
まぁ、可愛いからいいですねっ☆

さて、懇親会の席上でこのブログを思いもかけない方々がご覧になっていることを知り
これからは書く内容を吟味せねば…と思いましたが・・・
今までどおり、マイペースで続けていきます。どうぞよろしく♪

茶の湯 あいうえお 本日は「き」・・・業躰(ぎょうてい)  
[PR]
by soukei3 | 2007-01-15 11:33 | 宗恵の日常

木村 展之 陶展

f0063931_8193359.jpg
ただ今、長岡市東坂之上町2-3-9 にあります
ぎゃらりい栗本」で木村展之さんの陶展が開催されています。
琵琶湖畔に工房をかまえ、多彩で魅惑的な釉薬による作品を制作する
木村展之氏の新潟初個展となります。
釉薬に関しての執拗なまでの拘りと、シンプルで凛とした風情のフォルム。
実直で穏やかな人柄とその作品は、既に多くのファンの心を掴んでいます。
1月21日(日)まで 時間10:30~19:00
作家来店は1/12(金)・13(土)・14(日)

木村展之
昭和40年 京都五条坂に生れる
     父・木村盛伸に師事
平成 2年 日本伝統工芸展近畿展初出品入選
     日本伝統工芸展初出品入選
平成 4年 日本伝統工芸展近畿展入選 以後毎年
     滋賀県湖西に築窯独立
平成 7年 日本陶芸展初出品入選
     日清現代陶芸めん鉢大賞展審査委員奨励賞
平成 8年 池袋西部清水卯一先生主幹「蓬莱会展」
平成 9年 長三賞陶芸展入選
平成11年 日本工芸会正会員に認定される
     信楽陶芸展入選
平成12年 第二回現代茶陶展入選
全国各地にて個展多数開催

※画像・紹介文は「ぎゃらりい栗本」さんのHPより転載いたしました。


今日は午後から木村さんに会いに行きます。
明日から東京に行きますので、ブログの更新は月曜日になります。
では、行ってきま~す♪

[PR]
by soukei3 | 2007-01-12 08:19 | 宗恵の日常

まるくなれ~

f0063931_104191.jpg

我が家は曹洞宗です。
昨日、お寺さまからいただきました。

わたし!・・・元から丸いかも・・・。


茶の湯 あいうえお 「か」は「飾炭(かざりずみ)」です。
[PR]
by soukei3 | 2007-01-11 10:04 | 宗恵の日常

わ~い、できたぁ♪

f0063931_16181034.jpg
難しいと思った「ばらの折り紙」
できましたぁ!!!

ひとつ作るごとにコツとか、ここはこうした方が良いとか
わかってきて、楽しいですよ~☆
ストレス解消になりました♪

あっ、人によっては逆にストレスになる?


茶の湯 あいうえお きょうは「お」
[PR]
by soukei3 | 2007-01-10 16:18 | 宗恵のばら日記

ばらの折り紙

f0063931_11233249.jpg
ばらネタを探していたら…ありました!

ばらの折り紙!

以前から折り紙に興味があって、いろいろな種類の折り紙を買い込んでいます。
このような本も出ています。
『折り紙夢WORLD 花と動物編』 川崎 敏和・著 朝日出版社
早速アマゾンで注文しましたが、2月に入らないと発送されないようです。

こちらのサイトには折り方が詳しく載っています。
お友達は早速トライして完成させたようですが…。
川崎先生※は数学の先生。
折り紙も数学的な頭でないとできないのかも…。

皆さんも是非挑戦してみてくださいね☆
わたしも完成したらアップします…が…?

※川崎 敏和(かわさき としかず・1955年11月26日 生まれ )
阿南工業高等専門学校助教授。
折り紙に対する造詣が深く、折り鶴変形理論で博士号を取得するなど、
折り紙博士として知られる。福岡県久留米市出身。
彼が折り紙で折るバラは「カワサキローズ」として世界的に有名。


◎「茶の湯 あいうえお」 きょうは「え」です・
[PR]
by soukei3 | 2007-01-09 11:21 | 宗恵のばら日記

わたしのうちの「コンフィチュール」Part2

f0063931_14555122.jpg
お友達からいただいた「セルフィユ軽井沢」のコンフィチュール。
やっとアップしました。真ん中がオレンジ・右がアプリコットです。
左は「ホテル新潟」のミルティーユのコンフィチュール。
ミルティーユ(myrtille)は日本語でコケモモの実※。

さて「コンフィチュール(confiture)」という言葉
フランス語辞典を引っ張り出して調べてみると
名詞・ジャム とあります。

でも日本では「コンフィチュール」というとなんだかお洒落な食べ物のようですね。

フランス料理で「豚肉のコンフィ」「鴨肉のコンフィ」なんていうのがあります。
では「コンフィ」とは?

confit  形容詞・(砂糖・酢・油などに)漬けた。

とあり、砂糖漬けだけでなく酢や油に漬けた物も「コンフィ」と言います。
ちなみに
-ure 接尾辞・行為、性質を表す女性名詞をつくる。

ということで「コンフィチュール(confiture)」は「砂糖に漬けた物」=「ジャム」
になるわけ。

Part 1 はこちら

※フランスでは、ブルーベリージャムは、あまり一般的ではありません。ブルーベリーは、仏名でミルティーユですが、ミルティーユは、厳密にはコケモモを指す言葉です。必ずしもブルーベリー=ミルティーユとは限りません。ミルティーユの代表的なものがブルーベリーになります。
このコンフィチュールの裏のラベルを見たら「ラズベリー」って書いてありました…。
ということはラズベリーもミルティーユの範疇に含まれるのかしら?

◎「茶の湯 あいうえお」 今日は「う」ですよん。
[PR]
by soukei3 | 2007-01-06 15:02 | 宗恵の日常

♪エスニック料理by長男♪

3日は新潟のデパートに行き、夫のスーツを誂え
いつものブティックでコム・デ・ギャルソンのジャンパースカートを
40%offでゲットし、親戚宅に年始に行ったあと
わたしは某所で茶道の青年部役員として最後の仕事「会計監査」を行いました。
今年は「一会員」として行事に参加し、精一杯青年部を楽しもうと思います。

長男が晩御飯を作ってくれると言っていたので
楽しみにして8時過ぎに家に戻ると




長男のお友達のイケメン2人!がお食事中。
「わたしも一緒にいいかしら?」
「どーぞ、どーぞ。」
うふふ…。



f0063931_1075335.jpg
    生春巻き

f0063931_1081966.jpg
    タイ風グリーンカレー

f0063931_1084559.jpg
    トマトとパーナ貝のスパゲティ

の三品。盛り付けはちょっと…ですが、大変おいしゅうございました☆
長男・次男とも母親が料理が苦手な分、大変お料理上手です。

◎「茶の湯 あいうえお」  今日は「い」です。ご覧になってくださいね♪
[PR]
by soukei3 | 2007-01-05 10:15 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧