カテゴリ:宗恵の茶の湯日記( 133 )

続・宗恵の『初心者のための茶道教室』 第21回目

 今日は新発田市天王にあります豪農の館・市島邸で行われた「第3回 菊月茶会」に行ってまいりました。裏千家・表千家のお席と点心。11時過ぎに会場に着いたのですが、お席は2時間待ち。相方くんと来なくてよかった・・・。点心をいただいてお庭や資料館を眺めてちょうど良い時間となりました。どのお席もこの時季の趣向で大変結構でございました。
 家に帰り、ブログ茶会の様子をチェックしている時に気がつきました!!!明日は「初心者の~」の閉講式・・・。先週の教室の様子をアップしていませんでした・・・。

続きを読む
[PR]
by soukei3 | 2008-09-28 21:31 | 宗恵の茶の湯日記

第4回 ブログ茶会 ~ありがとう~ 

 4年前、7・13水害、中越地震と大きな災害が新潟県に立て続けに起こった年、わたしはある方の影響でばらを育て始めました。小さい時から「ばらを育てたい!」と思っていましたが、父の「ばらは虫がつくからアカン」の一言であきらめていたのです。水害がなければわたしは多分、今でもばらは育てていないでしょう。縁とは不思議なものですね。詳細はヒ・ミ・ツ。その方からまた「ブログ」というものを知り、本宅『茶の湯のプロムナード』を始めたのが翌2005年4月。育てているばらの画像も載せたくて「欄外 宗恵のばら日記」というカテゴリーを設けました。ばらの時季にはばらの画像でいっぱいになり、茶の湯のブログなのに・・・と思い、2006年2月に始めたのがこのブログです。それからたくさんのお友達や後輩と出会うことができ、このブログを開設してよかった、と思います。
 最近ではこちらのブログが主になり、なんでもアリのブログになってしまったので、ここで心機一転、新たなブログにお引越しいたします。今までのご愛顧に感謝いたしまして、お薄一服差しあげます。


f0063931_14255471.jpg
 今回はわたしの好きなお点前のひとつ「長板二つ置」。画像をアップしてから思ったのですが、長板に朝鮮風炉を取り合わせてよかったのかしら・・・。ご教示くださいませ。

f0063931_14292219.jpg
水指 光器水指 新里明士造
薄器 独楽春秋溜中棗 道場宗廣造
茶杓 銘 ゆかり
茶碗 灰釉茶碗 内田剛一造

f0063931_14412688.jpg
菓子 銘 小芋 大和屋製

f0063931_1442488.jpg
茶 銘 「京極の昔」 一保堂詰 京都限定販売のお抹茶
どうぞごゆるりとお召し上がりくださいませ。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-27 09:08 | 宗恵の茶の湯日記

【加筆・訂正アリ】ここだけの話

 「ここだけの話」と言って、ここだけにとどまるはずもないが、言っておきたいことがある。本家のブログにはエントリーしませんが・・・。
 わたしはまた10月からの「裏千家 初心者のための茶道教室」の講師を担当する。一昨年、この講座がスタートした時は「講師は1期限り」だった。しかし、昨年の11月に大徳寺で行われた宗旦350年忌茶会に参加したおり、茶道裏千家淡交会総本部にお邪魔して運営企画部のH部長とお話した時「今度から3期までできるようにいたしましたので、お願いいたします。」と言われた。元々この講師のお話はH部長からいただいたので、考える暇もなく!?お受けした。だから3期やるもの、と思い込んでいた。泣いても笑っても来年の3月までなので、一生懸命に務めさせていただきます。来年4月からなさりたい方、どうぞ手をあげて(またはこっそりと)立候補してくださいませ。ボランティアに近いですが、大変お勉強になります。よろしくお願いいたします。

 ついでに書いてしまおう。10月から新しいブログにお引越しする訳ですが、この際「茶の湯」だの「ばら」だの関係なく、日々感じたことを書き綴るブログにするつもり。巷には立派な「茶の湯」「ばら」のブログが数えられないほどあって「へぇ~」「すご~い」と声を出しながら拝見している。専門的なお話はそちらにオマカセすることにして、わたしのはただ「気ままな日記」、つまり「宗恵のばら日記」の延長、ということでよろしく(「茶の湯のプロムナード」のファンの方はがっかりかもね・・・)。




 

 
[PR]
by soukei3 | 2008-09-24 11:27 | 宗恵の茶の湯日記

第4回 ブログ茶会へのお誘い

 今年初めてのブログ茶会へのお誘いです。「ブログ茶会」と言いましても、自分の気に入った器で好きな飲み物を飲む、というだけのことなんです。一応今回のテーマは「ありがとう」。
 今月いっぱいでこのブログをおしまいにして、新たなブログにお引越しいたします。今までお付き合いいただいた皆さまに感謝の気持ちを込めて一服差しあげたいと思います。

ブログ茶会 ~ありがとう~
 9月27日(土)~30日(火)の間に皆さまの気に入った器でお好きな飲み物をいただいた様子をブログにアップしてくださいませ。
 そしてわたしは27日にエントリーいたしますので、その記事にトラックバックしていただければ、なおうれしいです。
 昨年の様子です。どうぞご覧になってください。
http://ochatobara.exblog.jp/6412077/

 ご質問がございましたら、コメント欄にご遠慮なくお願いいたします。たくさんのご参加をお待ちしております。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-20 09:32 | 宗恵の茶の湯日記

【緊急連絡】で~す

この場をお借りしてお知らせいたします。
新潟県にお住まいの皆さま。
明日午前9時からBSNラジオをお聞きくださいませ。
お友達がラジオで茶道についてお話します。
よろしくemoticon-0128-hi.gif
[PR]
by soukei3 | 2008-09-18 12:51 | 宗恵の茶の湯日記

こんなの見つけました



「きもの」で鎌倉の秋を楽しみながら、本物の和文化に触れてみませんか?

開催日 平成20年9月28日(日)

集合時間 13:00頃 きもの蔵人みやもと
     14:00~ 『知って得するきものの知識』
     15:15~ 北鎌倉 東慶寺
            『和菓子・お抹茶をいただきながら作法・所作の体験』
     17:00~ 北鎌倉 鉢の木
            『日本料理とシャンパン』(小会席とシャンパンを解説付きで)

  参加費 「きもの」レンタル・着付け含め 12,000円(足袋のみ別途)

  お問い合わせは、きもの蔵人みやもと まで


 ロケーションもいいし、お着物を着せていただいてお話を聞いて茶道体験もできて、美味しいお食事までついている。いいなぁ。鎌倉行きたい。常栄寺(通称ぼたもち寺)の近く、茶道裏千家淡交会青年部のドンのお店ですね。

 以前にもお話いたしましたが、そのドンも属する茶道裏千家淡交会青年部関東第1.2.3ブロック主催で11月9日(日)に、丸ビル1FMARU CUBE・丸ビル5F室内デッキ・新丸ビル3Fアトリウム・明治安田生命ビルアトリウム・オアゾOO広場・行幸通り・丸の内カフェ・東商ビル会議室などを会場に「明日の地球を考えよう~丸の内で”わ”の気づき~ 平成丸の内大茶会」という、大イベントがあります。どなたでも「無料で」お抹茶一服いただけますので、皆さまどうぞお気軽にお立ち寄りください。

★こちらもご覧になってください http://blogs.yahoo.co.jp/marucya_3/16419050.html
[PR]
by soukei3 | 2008-09-17 08:00 | 宗恵の茶の湯日記

卒業のお茶会にお招きいただきました その2

 中立ち(休憩)で一旦待合に戻りました。あっ「鳴り物でお知らせを」を言うの忘れた・・・(お茶室の準備が整うと、その旨をわざわざ知らせにくるのは大変だから、ということで銅鑼などの鳴り物でお知らせください、という意味があります)。お正客失格!!!などと考えていたら・・・ゴォ~ン・・・銅鑼の音が・・・。ふつうは「大小大小中中大」の音の大きさで打ちますが、この日のように人数が3人の時は「大小中中大」と打ちます。まぁ本格的!!!銅鑼はどなたのお持ち物かしら・・・。

f0063931_14274293.jpg
 お床には初座のお軸は巻き上げられ、清々しいお花が。このお茶室は5畳の下座床なので、初入りでは床前にお正客が座り、後入りではお釜のある方にお正客が座る・・・でいいよね・・・などとお話しながらお席入り。

f0063931_1449113.jpg
 厳かにK子さんのお濃茶のお点前が始まりました。久しぶりのお濃茶。大変美味しくいただきました。お仕覆は「これは宗恵さん好みよね」と役員の皆さんがおっしゃっていたとか・・・。まさにその通り。素敵なペルシャ文でした。お心遣いありがとうございます。

f0063931_14522142.jpg
 続きお薄でお点前はサマコンに参加されたTさん。季節のお菓子で和やかにいただきました。

 お茶席が終わり、役員の皆さまと楽しくお食事をいたしました。
 中立ちのサプライズの銅鑼はKさんがタイに旅行された時に、手に入れられたそう。とても良い音でした。
 お食事の後に役員の皆さまがお茶をいただくお席にちゃっかり入り込み、またまたお濃茶・お薄を呼ばれてしまいました。皆さんでいただくお茶も美味しかった♪
 お席入り前のあの豪雨はどこへやら。すっかり雨はあがり青空でした。終わり良ければすべて良し。本当に楽しいひと時でした。皆さんお忙しいのに、このようなお茶会に呼んでいただき感謝いたします。ありがとうございました。
 わたしも役員の皆さまをお呼びしてお茶会しなくっちゃ・・・。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-16 15:03 | 宗恵の茶の湯日記

卒業のお茶会にお招きいただきました その1

 昨日はわたしが属しておりました茶道裏千家淡交会新潟支部とき青年部主催の「卒業のお茶会」でした。とき青年部では卒業の会員のためのお茶会を役員の方達で開いてくださいます。ついにわたしもその該当者になってしまいました。お招きいただいたのは3人。わたしはお正客を務めさせていただきました。
 11時のお席入りですので、わたしは新潟駅10時2分着の電車で参り、新潟駅からは6月にばら園呈茶をお手伝いいただいたSさんの車で会場に向かいました。会場はビッグスワン近くの「天寿園」。中国式庭園でありながら何故かお茶室があります。ポツポツと降っていた雨も会場に向かうにつれ次第に雨足が強くなり・・・駐車場に入りますとこれぞ「ゲリラ豪雨」という感じでみるみるうちに通路が川のようになっていきます。しばらく様子を見ていましたが一向に収まらず、もうひとりのKさんが豪雨の中走っていくのが見えました・・・。これは行くしかない、と覚悟を決め、Sさんとわたしは足袋を脱ぎおはしょりをして、裸足にお草履で足首まで水に浸かりながら、会場に到着・・・。お玄関ではU子さんがにこやかにお出迎えしてくださいました。タオルまで用意してくださりお心遣いに感謝。
 お待合にはお家元の扇面。煙草盆には唐津の火入が用意されていました。素敵なガラスの器に入った柚子酢をいただいてお席へ。お床には「清心」の横一行、良い具合に濡れた般若勘渓の筒釜がわたしたちを待っていました。ご亭主である部長の心温まるご挨拶。続いて初炭手前はM子さん。M子さんのお手前(お点前も含めて)は初めて拝見しました。堂々としてよかったですよ。羽黒杉で造ったお香合は東北地区大会の記念品。次第にお茶室に白檀の香が漂ってきます。

f0063931_11445115.jpg
可愛らしい絵変わりの月にうさぎのお皿に乗せられた こぼれ萩 美豆伎庵製 をいただいて中立(なかだち・休憩のこと)となりました。

つづく
[PR]
by soukei3 | 2008-09-08 11:46 | 宗恵の茶の湯日記

卒業茶会




土砂降りの露地を抜ければにこやかに迎えに出たる友の優しさ   宗恵


詳細は明日にでも・・・。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-07 20:06 | 宗恵の茶の湯日記

旅箪笥!!!・・・ん?・・・旅箪笥???

 先日、相方くんの知り合いが土蔵を壊すそうで「もし良かったらもらってください」とのことで茶道具関係をいただいてきた。伊藤赤水の湯飲みや盃などもあったのだが、一番の目玉はこれ。

f0063931_14382940.jpg
 旅箪笥(たびだんす)。天正18年(1590)に豊臣秀吉が後北条氏を滅ぼした小田原の役に従軍した利休さんが、旅持ちの茶箪笥として創案されたと言われてる。桐木地の四方箱で倹飩(けんどん)式の前戸がはめられ、落とし込みの金具が付いていて、引手金具ともなります。左右両面には持ち手の桟が付いています。内部には中棚と上棚がつくられ、地板に水指、中棚に棗・茶碗を仕組み、上棚には柄杓掛け用の切込みがあります。炉・風炉ともに使い、お濃茶もできます。

続きを読む
[PR]
by soukei3 | 2008-09-03 15:03 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧