2008年 09月 16日 ( 2 )

卒業のお茶会にお招きいただきました その2

 中立ち(休憩)で一旦待合に戻りました。あっ「鳴り物でお知らせを」を言うの忘れた・・・(お茶室の準備が整うと、その旨をわざわざ知らせにくるのは大変だから、ということで銅鑼などの鳴り物でお知らせください、という意味があります)。お正客失格!!!などと考えていたら・・・ゴォ~ン・・・銅鑼の音が・・・。ふつうは「大小大小中中大」の音の大きさで打ちますが、この日のように人数が3人の時は「大小中中大」と打ちます。まぁ本格的!!!銅鑼はどなたのお持ち物かしら・・・。

f0063931_14274293.jpg
 お床には初座のお軸は巻き上げられ、清々しいお花が。このお茶室は5畳の下座床なので、初入りでは床前にお正客が座り、後入りではお釜のある方にお正客が座る・・・でいいよね・・・などとお話しながらお席入り。

f0063931_1449113.jpg
 厳かにK子さんのお濃茶のお点前が始まりました。久しぶりのお濃茶。大変美味しくいただきました。お仕覆は「これは宗恵さん好みよね」と役員の皆さんがおっしゃっていたとか・・・。まさにその通り。素敵なペルシャ文でした。お心遣いありがとうございます。

f0063931_14522142.jpg
 続きお薄でお点前はサマコンに参加されたTさん。季節のお菓子で和やかにいただきました。

 お茶席が終わり、役員の皆さまと楽しくお食事をいたしました。
 中立ちのサプライズの銅鑼はKさんがタイに旅行された時に、手に入れられたそう。とても良い音でした。
 お食事の後に役員の皆さまがお茶をいただくお席にちゃっかり入り込み、またまたお濃茶・お薄を呼ばれてしまいました。皆さんでいただくお茶も美味しかった♪
 お席入り前のあの豪雨はどこへやら。すっかり雨はあがり青空でした。終わり良ければすべて良し。本当に楽しいひと時でした。皆さんお忙しいのに、このようなお茶会に呼んでいただき感謝いたします。ありがとうございました。
 わたしも役員の皆さまをお呼びしてお茶会しなくっちゃ・・・。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-16 15:03 | 宗恵の茶の湯日記

お知らせ:『ブラッシュ・ノアゼット』

f0063931_833167.jpg

 残念なお知らせですが、秋に予定しておりました「ばら園呈茶」は諸般の事情により中止といたします。来年の春のばらまつりには環境が整えば開催したいと思います。楽しみにしてくださっていた皆さま、ごめんなさい。
 
 画像は春に蕾がついても虫に食べられてばかりいて、すっかりボウズになっていた『ブラッシュ・ノアゼット』。剪定しようと見たら蕾がついていたので大事に?咲かせました。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-16 08:58 | 宗恵のばら日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧