2008年 05月 13日 ( 1 )

第6回 朝日茶会 その1

f0063931_10503637.jpg
 11日の日曜日は長岡市(旧越路町)にあります「久保田」で有名な朝日酒造主催の朝日茶会に行ってきました。11時頃に会場に到着しましたが、もうすでにお濃茶席は2時間待ち。もみじ園の第2席も1時間待ち。それぞれ整理券をいただいてまずは点心席で腹ごしらえ。この日は長岡で裏千家淡交会中越支部の淡交茶会、宗徧流はお家元の講演会と行事が重なり、茶券の売れ行きが始め思わしくなかったそうですが、500枚完売だったそうです。そのせいか、某協会前会長のA先生の奥さまはじめ新潟の先生方に大勢お会いしました(シロウトヲ決メコンデ知ランプリデキナイワ・・・ザンネン・・・)。とき青年部の皆さんともバッタリ♪

f0063931_1111340.jpg
 冷たい甘酒がトロリと美味しかったです。

f0063931_11114256.jpg
 何も味がないお水でした。これでお茶を点てるとお茶本来の味が出るのでしょうね。



f0063931_11501371.jpg
 もみじ園へは会場内循環バスで行きます。小雨に洗われてもみじの緑が綺麗です。薄茶席の担当は宗徧流・川口宗伊先生。わたしと同年代の男性の方でお祖父さまの代からのお茶の家柄。この日はお嬢様のお点前デビューでした。
 お床には山田宗徧の師・宗旦の像が描かれ表千家如心斎の賛が書かれたお軸。花入れは宗徧の一重伐 銘・方瀬に「宗徧薔薇」が。お茶席に薔薇はあまり使いませんが、宗徧はこの薔薇を大変愛したらしく、宗徧ゆかりの三河地方のお席では今でもよく使われるそうです。ご亭主がやっとの思いで苗をわけていただき、今年で3年目。蕾でよくわかりませんが、たぶん白い一重の清楚な花が咲くようです。
 絵唐津のお茶碗に宗旦の銘・無理のお茶杓。一面に波の文様が盛り上がった感じで表現されている魚野自醒の平棗。お水指は藤堂伊賀。銘・若楓のお菓子が急逝した正宗悟の備前のお皿に盛られていました。
 お正客さまとご亭主の会話も楽しく、またなかなか拝見できない宗徧流のお点前も初々しく、良いお席でした。


つづく
[PR]
by soukei3 | 2008-05-13 11:14 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧