2007年 11月 06日 ( 1 )

子供茶道教室

f0063931_10332922.jpg
市の社会教育事業として今年度から小学生(4~6年生)を対象に、
規則正しい生活習慣や望ましい食習慣を体験し、共同生活の中で相手を思いやる心を育むことを目的に「しばたっ子わくわく通学合宿」を実施しています。
一週間、合宿して朝ごはん・晩ごはんも自分たちで作り、学校へはバスで通います。

今回、茶道体験活動指導を依頼されました。
和菓子職人の指導でお菓子を作り、それをいただくのに茶道を体験する
という企画です。総勢16人。

場所はトップの画像「五十公野御茶屋(いじみのおちゃや)」。
新発田藩の別荘です。

f0063931_11134530.jpg
庭は国指定重要文化財。
このような場所で体験できる子供たちは幸せですね。

f0063931_11172252.jpg
床に何をかけようかと迷い、季節のお軸を用意したのですが、こんなに素晴らしいお軸がかかっているではないですか!
「克己復禮(こっきふくれい)」
新発田藩8代藩主・溝口直養(なおやす)の書。
論語の「己に勝ち、礼に復し仁となす」からとった言葉です。

お花と香合は・・・前日のお茶会で使ったもの・・・。

なお、お茶席ではお軸に風鎮は用いません。
これはそこに掛けてあった状態でそのまま使いました。
悪しからず…。



自分たちで作ったお菓子を2種持って子供たちはやってきました。
なかなかの出来栄えです。
まず正座して総礼。
簡単に新発田と茶道・お菓子のかかわりをお話して、
実際にお点前を見てもらいました。
手に取る道具を説明しながらのお点前・・・なかなか好評でした。

お菓子は懐紙の上にのせて、美味しそうに食べています。
お正客!?の代表の男の子にわたしの点てたお茶を飲んでもらいました。

「美味しい!」

うれしい言葉ですねぇ♪

あとの15人には水屋から点て出し。

「もっと飲めるの?」
「僕たちもシャカシャカできる?」
の声が・・・。

4つのグループに分かれてお点前体験です。
わたしは男の子のグループを担当。
みな興味深く、2服ずつ点てました。
一人の子が
「お茶の道具って、竹でできてるものが多いんだね。」
お~するどい指摘です!

あちこちで・・・わぁわぁきゃぁきゃぁ・・・。
そろそろ飽きてきたのでしょう。
ちょうどいい時間になりましたので、おしまいのご挨拶をして解散。
またやってみたい、との声を聞いて満足の宗恵でした。

ひとつ感心したことは、私語をしたりふざけたりした子も大勢いましたが、この体験中誰ひとり足をくずす子がいなかったのです。
イマドキの子は正座ができない、させない・・・とよく聞きますが、みなさん最後まで正座していました。ちょっと感激☆

今回、お手伝いしていただいた社中のKさん。
幼稚園の園長先生だった方。やはり子供に教えるのが上手でした。
市職員のKさん、そして相方くん。ありがとうございました。お疲れさまでした。
[PR]
by soukei3 | 2007-11-06 11:54 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧