2007年 06月 01日 ( 1 )

「新伝統物語」アート降る金沢より 青年部薄茶席

兼六園をあとに2席目の金沢観光会館へ。
雨も上がり道中も苦になりません。

担当は石川支部青年部連絡会です。
お茶席のあとに観賞する仕舞「花月」にちなんだ道具組。

f0063931_11145818.jpg
坐忘斎御家元筆 扇面 青雲在目前


f0063931_11192582.jpg
花入 鵬雲斎好 烏帽子籠  


f0063931_11204664.jpg
鉄瓶 矢筈梅地紋 宮崎 匠造
瓶掛 白磁 下中健一郎造
盆 輪花 輪島製


f0063931_11241235.jpg
茶箱 黒漆レース編籠 能崎晴美・大村修一合作
茶筅筒 桑 光春造
茶巾筒 染付
仕覆 伊予簾 宮本正代造

レースで籠状に編んだものを黒漆で固めたもの。
レースが漆を思った以上に吸って大変だったそうです。


f0063931_11465458.jpg
薄器 鶯宿梅蒔絵棗 大村修一造
茶杓 鵬雲斎大宗匠作 銘 昔の姿


f0063931_11501164.jpg
茶碗 天啓赤絵写 矢口周一郎造
 替 ドイツ製
建水 唐銅象嵌 小泉 昇造

f0063931_1135210.jpg
能登仁行和紙折据 
この会員手作りの折据(おりすえ・お茶の修練を目的としたゲームのような花月に用います)の中に・・・


f0063931_11372155.jpg
菓子 鼓 香札 諸江屋製


f0063931_11384657.jpg
振出 ガラス 会員手作り 
中に金平糖が入っています。
手作りのため、各テーブルには趣きの違う振出があり、見るだけでも楽しかったです。


f0063931_11405366.jpg
煙草盆 又妙斎好 文筥
火入 紅安南 光右衛門造


お道具を青年部の方の作品で組むことができるなんて、素晴らしいですね。

お菓子につきましては、こちらに詳しく載っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/unipo22/32415969.html

観光会館の入り口で大宗匠をお迎えいたしました。
やはり大宗匠は「晴れ男」でいらっしゃいます☆
[PR]
by soukei3 | 2007-06-01 11:42 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧