2007年 04月 24日 ( 1 )

やっと撮れた♪

f0063931_1143798.jpg

我が家の前は昨秋からバス通りになりました。
市内循環バスが通っていて、最近になってすぐ近くにバス停までできました。
暇なときに一日バスに乗って市内巡りをするのも楽しそうだな。

このバスは3月から走っている新しい車輌。
「おやゆびひめ号」と言います。
もう1台「いっすんぼうし号」が走っています。
毎日、写真を撮ろう撮ろうと思っていたのですが
なかなかタイミングが合いません・・・。
そして今日、やっと撮れました☆

蕗谷虹児は新発田出身の画家です。
竹久夢二と並ぶ挿絵画家としても有名ですよね。
その絵本の挿絵の一部がバスにペイントされたのです。

蕗谷 虹児(ふきや こうじ、1898年(明治31年)12月2日 - 1979年(昭和54年)5月6日)画家。詩人。

1898年(明治31年)新潟県新発田町(現新発田市)に生まれる。本名は一男。母親は新発田町の湯屋の看板娘で京風の美人と伝えられる。新聞記者と駆け落ちして蕗谷虹児を産むが、貧困の末、蕗谷虹児が12歳の時に27歳の若さで死去。母への追慕の情が、後の作風に影響を与えたと言われる。

母親の死により家族は離散。新潟市の印刷会社に丁稚奉公、絵の勉強をしながら夜学に通う。1912年(大正元年)彼の絵の才能を認めた新潟市長の紹介により、日本画家尾竹竹坡(おだけ ちくは)の内弟子として上京(この尾竹竹坡の姪が『青鞜』の尾竹紅吉である)。約5年の間、日本画を学ぶが、約5年の内弟子生活の後、父親の仕事の関係で樺太へ渡り、旅絵師として放浪生活を送る。

1919年(大正8年)竹坡門下の兄弟子戸田海笛を頼って上京。戸田海笛の紹介で日米図案社に入社、デザイナーとして修行する。1920年(大正9年)竹久夢二を訪ね、主筆の水谷まさるを紹介される。これにより雑誌『少女画報』で初めて「蕗谷虹児」の筆名により挿絵デビューを果たす。翌年朝日新聞連載の吉屋信子の長編小説『海の極みまで』の挿絵に大抜擢され、全国的に名を知られるようになる。『少女画報』『令女界』『少女倶楽部』などの雑誌の表紙絵や挿絵が大評判となり、時代の寵児となって、竹久夢二と並び称された。1924年(大正13年)2月、『令女界』に発表した童謡詩『花嫁人形』は、後に杉山長谷夫による作曲で、蕗谷虹児の代表作となった。他に9冊の詩画集を出版している。

1925年(大正14年)挿絵画家としての生活に飽き足らず、パリへ留学。苦学の末、サロン・ナショナル、サロン・ドートンヌ等への連続入選を果たし、また藤田嗣治や東郷青児等と親交を深める。ようやく画家としての地歩を固めつつあったが、1929年(昭和4年)東京の留守宅の経済的破綻により急遽帰国。借金返済のため、心ならずも挿絵画家の生活に戻るが、パリ風のモダンな画風は一世を風靡した。1935年(昭和10年)詩画集『花嫁人形』出版。しかし、やがて戦時色が強くなると蕗谷虹児の絵は時勢に合わず、制作を休止。

終戦後、復興された各誌に執筆を再開。1953年(昭和28年)の小学館の絵本や、1956年(昭和31年)の講談社の絵本など、20冊を越える絵本の挿絵で子供に親しまれた。また、1954年(昭和29年)には東映動画スタジオの設立に参加し、アニメーション映画『夢見童子』の原画・構成を担当した。1979年(昭和54年)中伊豆温泉病院で急性心不全により死去。

新潟県新発田市には「蕗谷虹児記念館」が建つ。
[PR]
by soukei3 | 2007-04-24 11:41 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧