2007年 01月 29日 ( 1 )

最後の初釜

f0063931_9563011.jpg
昨日は社中として最後の「初釜」でした。
「初釜」とは新年を祝って正月にはじめてかける釜のことで
稽古初め、点初めとも言います。
一時「初釜」はお家元でのみ使う言葉で、一般には「点初め」と言いなさい
と聞いたことがありますが、現在はあまり厳しく言われないようですね。

わたしの先生は昨年「米寿」のお祝いをなさり
それを機にお稽古をおやめになると決心されたようです。
ですから昨日は「最後」の初釜となったわけです。
例年、別の場所で行っていましたが
今回は先生のご自宅(稽古場)で和気あいあいと
のんびり、ゆっくりと初釜を楽しみました。
わたしは「初炭」をさせていただきました。
お手前は上手にできませんでした・・・。ちょっとショック・・・。
でも炭はよくおきて、お濃茶・お薄は熱いお湯でおいしくいただけたから
良かったかな・・・。

島台のお茶碗※でお濃茶。
お薄は皆が交代で点てました。

画像は先生からいただいた黒楽茶碗。
26年間、お稽古で使わせていただいた物・・・。
皆にお稽古で使っていたお茶碗を、一碗ずつ渡してくださいました。
大変ありがたく、嬉しかったです。
が、本当に先生はお稽古をやめておしまいになるんだな、
と感じて淋しくもあります。
お稽古用の歴代宗匠の茶杓を模したものも1本ずついただきました。
わたしは「一燈斎」。

これで全く先生とのご縁がなくなるのも淋しいですし
他の先生につく、ということもしたくないので
月に一度、奥伝という上級のお点前のお稽古をお願いしたい、
皆で無理にお願いして、先生は承諾なさってくださいました!
良かったぁ~♪

※島台 口が開き、内側に金・銀の箔を置いたお茶碗。
正月など縁起を祝う茶事に金・銀二碗重ねて運び出す
「重茶碗」というお点前に用いられる。

ちなみに文中に「お手前」「お点前」二通りの表記がありますが
炭をつぐのは「お手前」・お茶を点てるのは「お点前」と書きます。


茶の湯 あいうえお 今日は「そ」・・・宗旦狐 きつねのお話だよん
[PR]
by soukei3 | 2007-01-29 09:58 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧