卒業のお茶会にお招きいただきました その1

 昨日はわたしが属しておりました茶道裏千家淡交会新潟支部とき青年部主催の「卒業のお茶会」でした。とき青年部では卒業の会員のためのお茶会を役員の方達で開いてくださいます。ついにわたしもその該当者になってしまいました。お招きいただいたのは3人。わたしはお正客を務めさせていただきました。
 11時のお席入りですので、わたしは新潟駅10時2分着の電車で参り、新潟駅からは6月にばら園呈茶をお手伝いいただいたSさんの車で会場に向かいました。会場はビッグスワン近くの「天寿園」。中国式庭園でありながら何故かお茶室があります。ポツポツと降っていた雨も会場に向かうにつれ次第に雨足が強くなり・・・駐車場に入りますとこれぞ「ゲリラ豪雨」という感じでみるみるうちに通路が川のようになっていきます。しばらく様子を見ていましたが一向に収まらず、もうひとりのKさんが豪雨の中走っていくのが見えました・・・。これは行くしかない、と覚悟を決め、Sさんとわたしは足袋を脱ぎおはしょりをして、裸足にお草履で足首まで水に浸かりながら、会場に到着・・・。お玄関ではU子さんがにこやかにお出迎えしてくださいました。タオルまで用意してくださりお心遣いに感謝。
 お待合にはお家元の扇面。煙草盆には唐津の火入が用意されていました。素敵なガラスの器に入った柚子酢をいただいてお席へ。お床には「清心」の横一行、良い具合に濡れた般若勘渓の筒釜がわたしたちを待っていました。ご亭主である部長の心温まるご挨拶。続いて初炭手前はM子さん。M子さんのお手前(お点前も含めて)は初めて拝見しました。堂々としてよかったですよ。羽黒杉で造ったお香合は東北地区大会の記念品。次第にお茶室に白檀の香が漂ってきます。

f0063931_11445115.jpg
可愛らしい絵変わりの月にうさぎのお皿に乗せられた こぼれ萩 美豆伎庵製 をいただいて中立(なかだち・休憩のこと)となりました。

つづく
[PR]
by soukei3 | 2008-09-08 11:46 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧