「ちかごろのこと」by chori

さっきまで隣りにいたひとの未来と
ぼくの未来はどこが分岐点だろう

疑いのない表現と
表現することを疑わないのは
どちらが軽いだろう

あなたを考えるとき
考えているあなたのほうがずっとうつくしいと
おもってしまうのはどうしてなんだろう

ぼくの髪の毛が
はさみを入れられて身体をはなれたなら
もうぼくの髪の毛ではないように
頭のなかにあるあいだ
ぼくのものだったことばは
放たれた瞬間
ぼくのことばではなくなる

指をからめていたぼくらが
すぐにぼくとあなたへ戻ってしまう
ぼくらの未来はいつもそこで閉ざされ
それぞれちがった感触をもった
まったく別のあたたかさに変わる

なつかしいひとの出てくるゆめをみた
最多出演賞まであとすこし
ちかごろのこと

このまちの冬空が
いつでも容赦なく流していく
裏路地やふくろ小路や猫や電柱
そしてその景色を借りて色づく
ちかごろのこと

ふしあわせを感じるその量を
はかってみたらぼくは何番目くらいだろう
誰かのために生きることと
誰かのために死ぬこと
誰かのためにと口にすることの
どれがいちばん汚いだろう

絶望より希望に近い場所で
つめたい気持ちになるのは
どうしてなんだろう

殺したいくらい
大嫌いだったひとが
そうでもなくなった
ちかごろのこと

薄れたおどろきが
やるせなさに変わるまえ
そこに踏みとどまっているきょうと
あなたがふえたぶんだけ
あなたのものになった
昔のぼくのことばや疑い
指をからめなくても
たしかめられるつながり

このまちの冬空を流れていく
セヴンスコード たばこのけむり
すこしだけ短くなった前髪
裏路地やふくろ小路や猫や電柱
その景色を借りて色づく
ちかごろのこと

なつかしいひとが
ぼくの現実に帰ってくるまで
あともうちょっと








わたしの好きなchoriさんの詩。本当は「すべて光」をyou tubeで見つけて貼り付けたんだけど、アップできませんでした。「すべて光」で検索してみて。とても良い詩だから聴いてみてね。
[PR]
by soukei3 | 2008-09-05 17:31 | 宗恵のひとりごと


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧