「もし、あの人との人生を選んでいたら・・・・・・」

f0063931_12282279.jpg


『水曜の朝、午前三時』 蓮見圭一 新潮文庫

 とても洒落た文章でいつも楽しませてくださる方のブログに、チラッと出てきたので気になって読んだ本。表題はわたしが求めた文庫の帯裏に書かれていた文句(画像の本では表ですね)。表の帯には

「こんな恋愛小説を待ち焦がれていた。わたしは、飛行機のなかで、涙がとまらなくなった・・・・・・」児玉清氏、絶賛!!
 
とあるが・・・わたしは非常に違和感を感じた。
 




 主人公の直美は1992年、脳腫瘍で45歳で亡くなった。生前、病床でニューヨークに留学している娘あてに4本の遺書ともいうべきテープを吹き込んだ。そのテープには・・・

 A級戦犯として処刑された祖父を持ち、許婚のいる直美はお茶の水女子大を卒業し、大手出版社に勤めるが、家から出たい一心で1970年に開かれた万国博覧会のコンパニオン(当時はホステスと言った)に応募して大阪に行く。そこで同じ万博会場で働く背が180cm以上ありハンサムで歩き方が素敵な数ヶ国語を話す京大の大学院生・臼井と出会う。その頃は同じホステスのソルボンヌを卒業した外交官の娘・鳴海と付き合っていたのだが、お互いに惹かれあうようになる・・・。ある日鳴海から、彼は朝鮮人で北朝鮮の工作員だ、と知らされる。直美は彼と別れることを決心し、東京に戻り父親のすすめた新聞記者と結婚する。が、直美と仲良くしていた臼井の妹が「水曜の朝、午前三時」に亡くなった、というハガキが届く。それから毎年、妹の命日に臼井と京都で会うことになる。その間、直美には娘が生まれ臼井も朝鮮総連幹部の娘と結婚する。年に一度の逢瀬。
 わたしには直美が臼井と別れた心の痛手を、結婚によって忘れようとしたことがどうにも解せないのである。まぁ、作者の考えなんだから仕方がないが、果たして直美のような教養も美貌もある女性がそんなことするのかな、と非常に疑問に思った。物語の前半は面白いが後半は・・・。自分が脳腫瘍の病になったのも、罰があたった・・・と考えるような描写も「えっ」と思う。
 新聞記者の夫が娘をお受験させることを望み、親子で臨んだが落ちてしまった。夫は何故落ちたか理由がわからない。娘が「お父さんには言ってないけど試験の時、お母さんの普段の様子を絵に描きなさい、と言われてウイスキーの瓶4本に囲まれているお母さんを描いたよ」という場面では思わず笑ってしまった。直美は心の痛手をお酒によって癒してもいたのである。これもまた、何だかなぁ・・・と思う。

 ということで、本の内容と紹介する帯の文句は必ずしも一致しないことがわかった一冊でした。
 
[PR]
by soukei3 | 2008-08-07 10:17 | 宗恵の本棚


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧