INCENSE そして PERFUME

f0063931_994633.jpg
 着物を着る機会が多くなり、大好きな香水をつけることもなくなりましたが、このコム・デ・ギャルソンの「INCENSE KYOTO」はINCENSEと言うだけあって、お香の香りで和服にもぴったりです。根津美術館に行く途中、南青山のお店で求めました。

INCENSE KYOTO:京都の静謐なお寺から
精神的な旅の夢と記憶を呼び覚ますような香水
インセンス:はるか5000年以上前から、お香は焚かれてきた。祖先への敬意を表し、空気を清め、お祈りの高まりを象徴し、古代の神々を崇拝し、瞑想の心を誘導する。そして、儀式のために、気持ちをポジティブにするために。お香が持つ様々なはたらき、そして時間と空間を呼び起こす力。それが、コム デ ギャルソンの5つの香水(KYOTO ・AVIGNON ・OUARZAZATE ・ZAGORSK ・JAISALMER )を生み出すインスピレーションになった。精神的な旅の夢と記憶を呼び覚ますような香水。


 KYOTO(京都) ・ OUARZAZATE (ワルザザード)・ZAGORSK (ザゴレスク)・JAISALMER(ジェイサルメル) はなんとなくわかるけど・・・なんでAVIGNON(アヴィニョン)がお香のイメージなのかしらん???どっちかと言うとPERFUMEだと思うのですが・・・。

 次男は学内にあるコンビニでアルバイトをしていますが、今人気のPerfumeの2人が「普通に」おにぎりとか買いにくるそうです。
[PR]
by soukei3 | 2008-07-03 09:15 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧