一客一亭:『茶の湯のことば』

f0063931_95261.jpg
 昨年11月宗旦350年忌に参加いたしました。その参加者に今年3月、宗旦忌の様子や宗旦居士の足あとを纏められた『玄伯宗旦居士の遺芳』が送られてきました。それだけで大変ありがたく喜んでおりましたら、今回は『茶の湯のことば』を送っていただきました。
 茶の湯の世界特有の言葉を、素敵な写真とわかりやすい文章で説明されている本です。その中からひとつご紹介いたします。


一客一亭
 亭主が大切なお客様を一人、一対一でもてなす茶事のことを「一客一亭」といいます。一客一亭の茶事ほど気を張りつめるお茶事はありません。主客が終わりまで向き合うために双方は真剣です。それだけに親しい間柄であれば、親密さ更に深まります。気持ちが分かり合った同士が、共に生きてある今の時間を、茶を以て共有する喜びは何ものにも代え難いものです。区切られた囲いと区切られた時間の中で、共に相手を気遣いながら消えていってしまう即今の一時を、必死に思い出に変えようとつとめるのです。この真摯な思いと真剣なやり取りは、日常の中では決して味わうことのない心地良い緊張です。


 叶わぬ思い・・・ではありますが、目下の夢は天空の茶室で「一客一亭」の茶事を行うこと。こんなに真剣でなく・・・もっとゆるゆると・・・ですが・・・。えっ、お相手は?・・・。うふふ、それは・・・ひ・み・つ(^_-)-☆。
[PR]
by soukei3 | 2008-06-27 09:24 | 宗恵の本棚


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧