第6回 朝日茶会 その2

f0063931_11205799.jpg
  もみじ園をあとにして再びバスに乗り、お濃茶席の松籟閣へ。林屋晴三先生のお席です。どんな素晴らしいお道具に出会えるか楽しみ☆お待合でしばらく待ってからお菓子席へ案内されました。お床には清々しい竹林図が。あとで知ったのですが林屋先生の京都で画家をなさっているお兄さまの絵なんだそうです。縁高に入った薫風という銘のお菓子をいただいて本席へ。
 良寛さんの優しい筆で書かれた「君看雙眼色 不語似無憂※」の一行。古銅の鶴首に大山蓮華(おおやまれんげ)がゆったりと入っていました。水指は南蛮。井上馨(号・世外)旧蔵のもの。茶入は京都・曼珠院伝来の瀬戸広口面取手。お茶杓は表千家随流斎作銘 翁。そして主茶碗が・・・光悦作赤 銘大ふく。替には古三島平・当代楽吉左衛門の黒楽焼貫・鈴木蔵の志野・辻清明の唐津・・・と出てまいりました。鯉江良二さんのお茶碗も登場していました。最近あちこちで注目されていますね。わたしは辻清明さんの唐津でいただきました。6人さまでどうぞ・・・ということでわたしは6人目・・・本来なら三口半でいただくのですが・・・たっぷり五口半もいただきましたよ。知らない方ばかりの最後でしたので(相方くんがおりましたが)・・・やはりお濃茶は知り合いどうしでいただきたいですね・・・でも、とても美味しかったです。
 どのお茶碗も手にとって拝見させていただきました。光悦のお茶碗の薄作りにはびっくりいたしました。楽さんのお茶碗は見た目より軽いし、古三島は重かったです。林屋先生のお席は「本物」に出会えます。
 
※ 君看よや 雙眼の色 語らざるは憂なきことをしめす
と読みます。良寛さんの有名な言葉。



f0063931_15114277.jpg

 最後にエントランスホールのお席に入りました。最後のお席のようで、お客さまのほとんどがお手伝いの方でしたので、お正客をさせていただきました。オリジナルの立礼棚にモダンなお道具の取り合わせ。点前道具とは別に時代蒔絵の素敵なお茶箱が飾ってありました。お茶碗はこのお茶箱のために三浦小平二さんに作っていただいたという青磁の重ね茶碗。お菓子の草餅も美味しかったです。

 大寄せのお茶会ではありましたが、ゆったりとした気分で過ごしました。また来年はどんなお道具に出会えるか・・・楽しみです。



f0063931_1512054.jpg

f0063931_15122697.jpg

 帰りに売店でここだけの「限定」を求めました。まだ飲んでいません・・・。
[PR]
by soukei3 | 2008-05-14 11:31 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧