近江の商家のくらしとやきもの

f0063931_985872.jpg
 ただ今、滋賀県甲賀市信楽町にあります「滋賀県立陶芸の森 陶芸館」において『近江の商家のくらしとやきもの』が開催されています。椎親父さまより図録と招待券を送っていただきました。湖国を拠点に商品流通を展開し、農業中心の自給自足経済から近代経済社会への道を切り拓いた近江商人をテーマに、商家に関わったやきものを紹介しています。
 



 現在の近江八幡市の八幡商人は近江商人のなかでも最も古く、豊臣秀次により城下町が整備された頃にはじまると言われています。椎親父さまはその老舗のお生まれ。近江商人の当主たちは、茶の湯の宗匠を招いて指導を受け、頻繁に茶会や句会を催していたことが、記録に記されています。
 わたしの伯母はやはり近江商人のひとつ東近江市五個荘の五個荘商人のもとに嫁ぎました。伯母の家の近所には経済界の重鎮の生家が点在し「ここは〇〇さんの家」「ここは△△さんの家」と教えてもらったことがあります。また五個荘は裏千家と大変に深い関わりのある土地です。が、そのお話はまた後日。
 小さい時に「近江商人の東後家(あずまごけ)」という言葉を両親から聞きました。近江商人は、他国で店を設けても、そこで働く奉公人は、全て近江の本宅で採用しました。支店で働く人々は男性のみで、家族を郷里においての単身赴任。基本的に盆と正月の数日以外に郷里に帰ることはありませんでした。その話を聞いて幼いながら「近江商人とは結婚したくない」と思ったものです。
 相方くんがわたしと結婚するにあたり、勤め先を県にするか市にするかで、市を選択しました。県ですと中越・上越地方の調査になると週末にしか帰ってこられません。おかげさまで20数年お弁当作りの毎日です。ブログのお友達でご主人がもうすぐ単身赴任される方がいらっしゃいます。たまには夫婦別々に暮らすのも新鮮でいいかも。


f0063931_11224039.jpg
 先日お話しました大阪デートでこんな光景を目にしました。最後尾はこちら・・・え~何だろう・・・。あらら、椎親父さまが立ち上げられた「クラブハリエ」のバームクーヘンです。近江八幡市の本店以外、日本橋三越本店にしかなかったお店を大阪の阪神デパートに出店し、毎日行列なんだそうです。

f0063931_11151585.jpg

f0063931_11162098.jpg
 阪神デパートバージョンの虎の包装紙と箱。

f0063931_1117570.jpg
 美味しくいただきました。ちなみにこのホワイトキルトはわたしが作りました。
[PR]
by soukei3 | 2008-04-22 11:20 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧