重色目(かさねいろめ)

f0063931_10295255.jpg
『平安の配彩美 春夏秋冬 かさねいろ』 長崎巌監修 ピエ・ブックス発行





 真っ赤な紅葉に秋を感じ、純白の雪をもって冬を象徴させる日本人は、古来より四季の移り変わりを、身の回りの色彩の変化に感じ取ってきました。その例を具体的に上げるまでもなく、日本人が世界でも最もデリケートな色彩感覚を持った国民であることは疑いありません。
 こうした日本人が作り上げてきた文化の中でとりわけユニークなもののひとつが、「重色目」と呼ばれる配色法です。実際には、これは袷わせ仕立てされた衣服のの表地と裏地の配色ですが、平安時代に公家の服飾の中から生まれ、以後、公家の人々の服飾に欠かせないものとして近世まで伝えられてきたものです。「はじめに」より


 たとえば「春」の項
f0063931_10561832.jpg
表・・・紫
裏・・・薄紫
菫は、春の野でひときわ美しく愛らしい姿を見せてくれます。
この色目は、菫の上品で優しい紫色の花を表したもので、
着用時節も当然花の時期に合わされます。
ただし、平安時代の文学作品にはその名が見られず、
室町時代以降の有職故実書に名が現れますから、その出現も室町時代のことと推測できます。

あとたへてあさぢしげるか庭の面に 
          誰れ分け入て菫つみけん 「山家集」




f0063931_1143165.jpg
表・・・紫
裏・・・淡青(うすあお)
菫と同じく春の野に咲く壺菫(菫菜・すみれ)をモチーフにしたもので、表地が花、裏地が葉を表します。
「壺」とは、草木を植え込んだ庭のことで、「壺菫」はもともとは庭に生える菫の総称であったものが、特定の種類を指すようになったようです。
一般には、菫よりも花が小さく、その花は春から夏にかけて咲くといわれます。

春雨のふる野の道のつぼすみれ
       つみてはゆかん袖はぬるとも  「定家集」




と右に実際の重色目、左にその説明が書かれていて、見ているだけで楽しくて時が経つのも忘れてしまいます。
「夏」の項に「薔薇(そうび)」もありますが、それは次の機会に・・・。


 明日は17日と言っていた長男が帰ってきます。名古屋で学生を集めてなにやらイベントを開催したり、今年の学生フォーミュラに向けて忙しくしているようです。相方くんは飲み会があるようなので(幸か不幸か・・・)、長男と2人で小洒落たお店で誕生日を祝おうかしら・・・。あっ、相方くんからのプレゼントはしっかり昨日いただきましたよ。ふふふ、新しい携帯♪
[PR]
by soukei3 | 2008-03-21 11:22 | 宗恵の本棚


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧