クリスマス茶会

昨日はわたしの茶道の青年部最後の行事
茶会委員会の「クリスマス茶会」でした。
12時集合ということで早めにクリスマスランチをしようと思っていましたが、相方くんがお腹がすいていない、ということで、パンを買って会場の新潟市白山公園のある「燕喜館(えんきかん)」に参りました(このパンは結局、茶会が終わって「初心者の~」の教室で食べました)。

お濃茶に続いてお薄を飲んでいただく「続き薄茶」で2席。
一席目はわたしが亭主。二席目はお客様で楽しませていただきました。

f0063931_1131042.jpg
待合
茶会委員長作のつづれ織 もみの木タペストリー





f0063931_11324475.jpg
待合 煙草盆 黄瀬戸

f0063931_11372122.jpg
待合でお菓子をいただきました。
岡田裕の七宝透かし菓子器にサンタの帽子 美豆伎庵製

f0063931_1140437.jpg
燕喜館のどのお部屋にも洒落た灯りがついています。



f0063931_11334021.jpg

大徳寺黄梅院小林太玄師筆 喫茶去
ロウソクに見立てた花入れに蠟梅・西王母椿

f0063931_1136185.jpg
プレゼントをたくさん背負ったサンタさんの香合がお出迎え

f0063931_11394345.jpg
万葉華文の仕覆の絵唐津茶入は中里重利造。茶入の写真がなくてごめんなさい。
那須の作家・小沼寛の手びねり磁器水指。蓋は乾漆で村上の漆芸家・柿沼一舟の作。
実はこの水指、わたしが「クリスマスにぴったり!」と一目ぼれ。
急遽このお茶会で使うことになって、わたしにとっては二重のクリスマスプレゼントになりました。
相方くんThank you!

茶杓は大徳寺派瑞光院・前田宗源師作 銘 磯千鳥
お茶碗は2代小川長楽の黒。

続いて薄茶点前になります。

f0063931_1152543.jpg
我らがブロック長・大樋年雄造の湯のみを火入れに。

f0063931_11544540.jpg
雪輪に柊(美豆伎庵製)を淡々斎好山道菓子盆に。

薄器は見立てでミャンマーのキンマ
お茶碗はお点前さんが絵付けをした利昇窯の黄交趾宝尽くし


バタバタしてお道具の写真を撮れませんでした。
お客様も青年部だけの気楽なお席でしたので
和気藹々と青年部最後のお茶会を楽しむことができました。
卒業してもまたお声をかけてくださいね♪

自分の道具をサッサとまとめて「初心者のための茶道教室」に向かいました。

なおこの記事はブログ友達の66さまの「名残の茶会」にエントリーしています。
本来、茶道では「名残」といいますと風炉から炉に移る10月中旬頃から11月始めにかけて行われ、口切から一年間使ってきたお茶が、風炉の終わりの時期になると残り少なくなるため、お茶そのものに名残を惜しむことを言います。
が、ここでは「この1年に名残を惜しむ」ということで、今まで一緒に歩んできた青年部の仲間とお名残を惜しむ、という意味を込めましてこの記事で参加させていただきます。
[PR]
by soukei3 | 2007-12-25 12:15 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧