宗旦350年忌 記念茶会

f0063931_10133481.jpg


毎年11月19日は「宗旦忌」で、法要・茶会が行われていますが
今年は350年忌にあたり、19・20日と二日間にわたりお茶会がありました。
19日は招待客、20日は一般で、わたしは見事に!抽選にあたり20日に参会させていただきました。

千宗旦は利休の孫、その子供たちから表千家・裏千家・武者小路千家に分かれ、今の千家茶道の基礎を作った方です。


6時に京都駅に着き、宇治の実家でお風呂に入り朝ご飯をいただきお着物に着替えてさて出かけましょう、と思ったら『ちりとてちん』が始まりました・・・ついつい見てしまい・・・これが後々残念な結果になる元だったのです・・・。

大徳寺についたのは電車に乗り遅れたせいもあって10時過ぎ。
まずは業躰席が空いているということで「黄梅院」へ。

お次は直門席の「高桐院」

今日庵席がまだの方は急いでください、とのことで慌てて「総見院」へ。
わたしが入ったお席が最後でした。
「宗旦の”侘び茶’”を感じていただきたく道具組をいたしました」
とお家元。
宗旦イチョウから採れた銀杏で作った「銀杏餅」をいただいて感激!

老分席の「芳春院」を出たのが3時。
最後の大松美術館席「三玄院」に参りましたら時間切れ!
受付時間は3時までなんです。え~2分しか過ぎてないのに・・・。
お菓子だけでも・・・それも叶わずショック・・・。
『ちりとてちん』を見ていたわたしが悪いのです・・・。

気を取り直してお斎(食事)の瑞雲軒へ。
泉仙鉄鉢料理をいただいて満足・満腹。

バスで茶道資料館に行きますと、今日庵・咄々斎の宗旦忌の飾りつけを拝見させていただけるそうで、今年2回目となる兜門をくぐり、利休御祖堂にお参りしてから拝見いたしました。各お部屋にも業躰先生がいらして説明してくださいました。大変、有難い経験でした。

茶道資料館では宗旦忌にあわせて特別展が開催中。
ここで茶の湯のブログ開設当時からのお友達M子さんと待ち合わせ。
彼女は大学院生で来春、京都市内の学校の先生になります。
大学で熱心に茶道を修業され、これからの学校茶道期待の星?
ご一緒に『初心者のための茶道教室』でお世話になっている裏千家淡交会総本部H部長にご挨拶に行き、H部長からは学茶への思いを熱く語っていただきました。

一席入れなかったのは残念でしたが、大変内容の濃い一日となりました。
夜は両親と久しぶりにゆっくりとしゃぶしゃぶをいただき、親孝行したかな・・・?


画像は大徳寺某所の有名なモミジ。


今年の宗旦忌の大徳寺の様子、また過去の宗旦忌につきましてはわびすけさまのブログをご覧になってくださいませ。
[PR]
by soukei3 | 2007-11-26 11:25


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧