宗恵の『初心者のための茶道教室』 開講式

昨日8日は午後、新潟市のホテルイタリア軒地下1階画廊で行われている、
ぎゃらりい栗本主催「寺垣外窯 杉本貞光 陶展」を見に行きました。

その後、新潟伊勢丹7階・丹庵担当の方と『初心者のための茶道教室』打ち合わせ。
いよいよ教室の始まりです。









第1回目はまず開講式。
12日からの裏千家淡交会信越北陸地区大会準備でお忙しい中、S幹事長にご臨席賜り
講座の説明や簡単な茶道についてのお話をしていただきました。
幹事長おススメの『茶の本』(岡倉天心)『宗旦狐』(澤田ふじ子)の文庫本を貸していただきました。
受講生の皆さま、是非読んでくださいね。

さて、実技のはじまりです。
盛りだくさんのカリキュラムで若干飛ばし気味でしたでしょうか。
1、懐中するもの・お道具の説明
2、お辞儀の仕方(真・行・草)
3、襖の開閉
4、立居振舞い
5、席入りの仕方
6、割稽古(帛紗の扱い)
7、お茶を点てる(体験)
8、お菓子・お茶のいただき方(体験)

これを一回で覚えることは到底できるはずがありません。
回を重ねるごとに、身に着くものです。
もちろん、お家で復習なされば効果大です。
所作というものは「一日でならず」ですね。

まず一服点ててみました。裏千家ではクリーミィに泡立てます。
皆さま初めてにしてはなかなかお上手でした。

f0063931_13382986.jpg
初もみじ
菓匠庵製
お茶は 宝尽の白 伊藤園詰

美味しいお菓子をいただき、また一服点てて飲みました。

これにて第1回目はおしまい。
あれよあれよで終わってしまい、気がついたら何も写真を撮っていませんでした。

床 歩々是道場  小林太玄師筆
花 秋明菊・秋海棠・すすき
花入 焼締めねじり花入れ 石田一平造

今回の生徒さんは皆、インターネットで申し込んだそうです。
では是非ブログをご覧になってくださ~い、と宣伝いたしました。
皆さま、気軽にコメントくださいね♪
[PR]
by soukei3 | 2007-10-09 12:34 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧