青年部と学茶のお茶会 その1

19日(日)に新潟市白山公園にあります燕喜館におきまして
裏千家淡交会の新潟県内5青年部(上越・中越・とき・あさひ・おけさ)による薄茶席と
新潟県立看護大学茶道部の立礼席のお茶会がありました。
時間指定による一席20人のゆったりとした良いお席でした。





一席目、県内5青年部による薄茶席。
新潟県内は新潟支部(上越・とき・あさひ)・中越支部(中越)・佐渡支部(おけさ)の3支部5青年部に分かれており、以前はそれぞれが独自の活動をしておりましたが、北陸信越ブロック長の大樋年雄さんのご提案で3年前より年に一度一緒に活動する行事を行っております。
今回はお茶会となった次第です。
青年部役員を退き、今回は全くのお客さま。楽しませていただきました。

f0063931_10414585.jpg
このお軸は確か青年部発会25周年の時に、鵬雲斎大宗匠(当時はお家元)からいただいたもの。

f0063931_10432312.jpg
手付き竹花入は竹細工師のおけさ青年部副部長造。

f0063931_1045314.jpg
香合はトンボの蒔絵の琉球漆器。

f0063931_10461580.jpg
薄器はガレ。
茶杓は小堀卓厳師 銘「縁(ゆかり)」
三浦竹泉の馬盥。珍しいですね。
替茶碗は永楽善五郎。五色の筋が5青年部を表しています。

f0063931_10493848.jpg
ほおづき。日本三大銘菓越之雪で有名な長岡の大和屋製。

ご亭主は前日佐渡からお出でになった おけさ青年部長。お神輿を担ぐのが趣味?のお祭り大好き男でもあります。
違う青年部で一つのお席を持つ、ということは打ち合わせの段階からさぞ大変だったことでしょう。
和気藹々とした雰囲気が伝わって、良いお席でした。


学茶の様子はまた明日。
[PR]
by soukei3 | 2007-08-21 10:56 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧