田宮家の茶室

わたしが住んでいる新発田市は江戸時代溝口家10万石の城下町。初代は秀吉によって加賀・大聖寺から移されて以来、徳川幕府に仕えてきた。




4代藩主・重雄(しげかつ)は石洲流怡渓派(いけいは)の祖・怡渓宗悦(大徳寺第254世住持、江戸東海寺高源院開山)に茶の湯を学び「殿様宗匠」の基を築いた。
藩には「茶道職」が置かれ、代々茶道職についていたのが田宮家である。
数年前に亡くなったお父さまは「朝日歌壇」の常連投稿者であった。

今から20年くらい前、お茶のお稽古仲間のある社長夫人から
「田宮さんが財産を整理するので、古くからある茶室も売りに出すんだけど、宗恵さん買わない?」
とお話があった。
その時は茶室なんてとんでもない、買えるわけがない、と思い即お断りした。
今思うと・・・惜しい気が・・・少しする・・・。
が、土地もないし第一先立つものもないしね・・・。
今はどこかの地に移築されているのかな。それとも・・・。

その時に「田宮家文書」とでも呼ぶべき茶の湯に関する膨大な資料が、新発田の図書館に寄贈された・・・と聞いたので知り合いの司書の方にお聞きしたら・・・どこにあるかわからない・・・そうだ。実見してみたいものである。
いつか世に紹介したいと思ってはいる。やりたいことがいっぱいあって困っちゃうなぁ・・・。
[PR]
by soukei3 | 2007-08-09 15:24 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧