椎の木窯の親父さまの茶碗と水指の披露茶会

昨日13日は「椎の木窯の親父さまのお茶碗と水指の披露茶会」を行いました。
ミクシィでお友達になった椎の木窯の親父さまより、キリ番とクイズに当たっていただいたので、これは是非皆さまにお披露目しなくちゃ、ということで50人いるマイミクさんにお声をお掛けしましたら、最終的に7人の方の参加をいただきました。

心配していたお天気も、風が強かったのですが雨も上がりまずまず。
皆さま遠方からお出でくださり、待合でお白湯をお召し上がりの上、にじり口よりお席入り。

f0063931_8272429.jpg

床   有馬頼底和尚筆 楽哉無一事

花入 竹一重切  相方くん 造

香合 一位一刀彫 雀


f0063931_8361389.jpg

風炉釜  菊池正直 造
水指   志野  西村真一 造
蓋置   織部 竹  西村真一 造

本来ならば竹の蓋置を使うのですが、これは今月3日に椎の木窯の親父さまのお宅にお邪魔したときに「茶会に使ってください」と建水と一緒にいただいてきたものです。本当の青竹の蓋置のように見える?ので使わせていただきました。


f0063931_846435.jpg

紅珊瑚釉茶碗  西村真一 造

造り酒屋の椎の木窯の親父さまの所で、江戸時代にお酒をろ過するのに使っていた紅珊瑚。
これを釉薬に使ったらどんな色に発色するか、というクイズに「青く澄んだブルー」と答え見事ゲットいたしました♪

f0063931_8505972.jpg

菓子   あやめ  寿堂 製
  器  片口   中野亘 造

新発田城はその優雅なところから「あやめ城」と呼ばれていました。
市の花もあやめ。
器は新潟市出身で東近江市在住の作家です。

お薄一服召し上がっていただき、お食事。
わいわいお話が弾んで、初めてお目に掛かった方同士とは思えないほど皆さま場に溶け込んでいらっしゃいました。
その後、先日京都で求めた「末富」のお干菓子でまた一服。
東京にお帰りになる方の電車時間まで楽しく過ごしました。


f0063931_8584987.jpg

上列 左から よっちゃん・ときさま・ぶらもんさま・ねこさま
下列 左から onebridgeさま・宗恵・かれんさま・ゆっちさま

皆さまありがとうございました。
そしてゆっちさま・よっちゃんにはお水屋をお手伝いいただきました。青年部でお茶会は数え切れないほどしてきましたが、個人で行うのは初めてで「お茶会をするにはベテランの方に水屋を頼むこと」の言葉どおり、何から何まで助けていただき大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
そして陰で支えてくれた相方くんにありがとう!
[PR]
by soukei3 | 2007-05-14 09:06 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧