お家元の言葉:サントリー美術館「玄鳥庵」

f0063931_144613.jpg


毎月、茶道裏千家淡交会の機関紙でもある『淡交』が送られてきます。
4月号のお家元の「巻頭言 花に想う」にちょっとギクッ・・・
長くなりますが、全文をご紹介いたします。

巻頭言 花に想う     千 宗室

 今年は例年よりも早い春の訪れでした。実際は
冬の寒さが幾分頼りなく思えた、といったところ
でしょう。春を楽しみに待つ期間も些か短かった
この冬ではありましたが、今は去り往く季節に対
する惜別の念をもって、炉の趣向を楽しんでいた
だきたいと存じます。

 さて毎年のことながら、この季節になるとそこ
かしこでいろいろな草木が花を付け始め、私たち
の目を楽しませてくれます。一斉に咲き誇る桜花
の美しさが、昔から日本人の心を強くとらえてき
たのは言うまでもありませんが、その一方、身の
回りでささやかに咲く淡い色の花たちにも人々は
深い眼差しを向け、慈しんでまいりました。そし
て、そのような優しい心が日本人の繊細な美意識
を作り上げてきたのです。ところが昨今の日本で
はいかがでしょうか。世の姿を"花"にたとえて
みますと、皆がさながら「遠くの花壇」に目を奪
われ、そこで増えていく「薔薇」のみを賞賛して
いるかのように映ります。確かに薔薇は色鮮やか
で美しく、それはそれで結構なのですが、自分の
足下ではらはらと色付く「菫」の如き、淡い花の
可憐さに気が付かないでいるのは、余りに勿体な
いことではないでしょうか。
 あるいは、雑誌やテレビなどで「この神社の境
内にある桜が有名です」とか「ここの桜が身頃で
す」などと紹介された情報を元に、その桜だけを
目指して花見に出かけるような風潮も見受けられ
ます。そうなると、途中にもっと自分の感性に響
く良い桜が咲いていたとしても、気付かずに通り
過ぎてしまうでしょう。つまりその人は、他から
得た情報のみに気を取られ、本当に良いものを取
りこぼすことになるのです。
 花にたとえて申し上げてきましたが、今の日本
人が外にばかり目を向けて、遠くから発せられる
情報に左右されているうち、身の回りの素晴しい
文化や精神を徐々に失いつつあることに、私は危
惧の念を覚えます。目立たずとも身近で季節の移
ろいを知らせる花たちにも想いを寄せ、そこに喜
びを見出してきた日本人の本来の感性、本来の心
を、大切に次の世代へ伝えていかねばならないと
強く感じているこの頃です。


これを読んで・・・あら、ひょっとしてお家元はこのブログをご覧になっているのかしら、
なんて思いました(そんな訳ないのにね・笑)。
花にたとえたお話ではありますが、
我が身を振り返り反省すべきところがあるのは・・・確かです。
美しいばらを愛で、可憐に咲く花にも心を寄せる女性でいたいと思います。
ばらがお好きな方はどんな草花も大切になさいます。
ロザリアンの名誉のために一言申し添えておきますね。

画像は今話題の東京ミッドタウンに移転オープンしたサントリー美術館内にある茶室「玄鳥庵」。
1961年に丸の内にオープンした当初、裏千家14代淡々斎によって命名されました。

蛇足ながら・・・

上野の国立科学博物館で
特別展 花 FLOWER ~太古の花から青いバラまで~」 を開催中。
サントリーの開発した青いバラが展示してあります。
現在、発売に向けてがんばっているそうです。
[PR]
by soukei3 | 2007-03-31 15:33 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧