『新編 人はなぜ薔薇を愛するのか』

f0063931_11293724.jpg
この本は映画監督・熊井啓さんの奥さまで、日本薔薇会主催のジャパン・ローズ・コンクール「香り部門」の審査員の一人、熊井明子さんのエッセイ集です。

「一般にロザリオといえば、カトリック教徒が聖母マリアに捧げる祈りの際に用いる数珠。普通、薔薇の木で作った珠と鎖とで出来ている。」
薔薇の木で出来ているとは初めて知りました。

ロザリオ・・・rosary  

なるほど・・・そうなのですね。

熊井さんは少女の頃から気に入った詩や俳句、短歌や小文などをノートに書き抜いていらっしゃいます。その中から、わたしも気に入った短歌をご紹介いたします。


われはけさそうひにぞ見つる花の色をあだなるものといふべかりける   紀貫之


野茨をりて髪にもかざし手にもとり永き日野辺に君まちわびぬ  与謝野晶子


かくまでも心のこるはなにならむ紅き薔薇か酒かそなたか  北原白秋



紀貫之の歌の「そうひ」は「薔薇」の訓読み。
白秋の「薔薇」はやはり「そうび」と詠みます。

歌人・塚本邦雄さんは
「薔薇は''ばら''や''バラ''ではなく、やはり、この字でないと」
とおっしゃったそうです。
わたしは・・・「ばら」が好きかな・・・。

2003年5月15日 千早書房刊
[PR]
by soukei3 | 2007-03-15 11:38 | 宗恵の本棚


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧