地霊のたたり?:『京都炭屋 おもてなしはお茶の心で』

f0063931_952547.jpg
昨年9月末に裏千家青年部全国大会が京都であり
そのオプショナルツアーで行った「炭屋旅館」。
あちらでもこちらでも記事にしましたが
そこの先代ご夫婦と現女将さんのお話の聞き書きの本を見つけました。

『京都炭屋 おもてなしはお茶の心で』 2006年12月12日 草思社刊

先代の堀部公充(こういん)さんは平成16年(2004)に亡くなられましたが、裏千家の老分という大役についていらっしゃった方で、「炭屋」はお茶事のできる旅館として知られています。
公充さんは奈良の御所(ごせ)の山持ちの家に生まれました。吉野の山から紀州にかけての材木を伐り出して売って、田地は小作人に耕してもらっている、という気楽なお家のお父様は考古学に凝っていらっしゃいました。考古学の教授について発掘のお手伝いをされていました。大正から昭和の始めの頃のことですので、だいたい何先生か想像できますね。公充さんはお父様のことを人に聞かれると「なんや知らんけど、とにかく岩を掘りに行ってはるのや」と言っていたそうです。本文から引用します。

親父がそんなんで、あんまり考古学に凝ったりするもんやから、一時、神経衰弱になってしもうてね。
「それは、あんまり昔の人の墓なんかを暴いたりするから、その業がたたって体の調子が悪うなるのや」
と人にも言われて、だいぶシュンとしていたような時代もありましたな。それから、
「もう、そんなことはやめて、あんさん、お茶をやりなはれ。お茶は精神の安定によろしいでえ」
そういうアドバイスをしてくれた人があったんですね。
さすがの親父も、もうこれはあかんと観念したらしく、殊勝にも、お茶を始めることになるわけですよ。
それで、庭の一部をつぶしてお茶室を建てたりしてました。(中略)。
ま、そんなんで、うちの家では、わたしが幼稚園へ通うてる時分から、自然とお茶に親しむようになったんです。


わたしはこの部分を読んで、ひゃぁ~そういう人もいるんだなぁ、と思いました。
日本の考古学者で墓を暴いたから神経衰弱になった人なんていたかしら?
だいたい神経衰弱になってたら考古学なんてやってられないし・・・。
これがプロとアマチュアの違い?とか思ったり・・・。
現にこのわたしもお墓をいくつも暴いているし・・・。
福岡では弥生時代の甕棺の中にハンサムな17歳男子の骨がそっくり残っているのを掘ったこともありますが、神経衰弱にはならなかったな・・・。
エジプトのツタンカーメンの墓の発掘に携わった人たちは謎の死を遂げていますが・・・。

思うことは様々ありますが、考古学が公充さんをお茶に導いた、という事実を知りちょっとうれしくもありました。そしてわたしが今こうやってお茶に関わっているのも、何か関係があるかも・・・なんて思っています。


茶の湯 あいうえお 「の」・・・ノンコウ
[PR]
by soukei3 | 2007-03-05 09:00 | 宗恵の本棚


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧