「気」:玉の緒よ

玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
             忍ぶることの 弱りもぞする
     式子内親王

わが命よ
絶えるならいっそ絶えてしまえ
このまま生きながらえていたら
秘めた恋を押しかくす力が
これ以上堪えきれず弱まるかもしれぬから 『田辺聖子の小倉百人一首』より


この歌は百人一首の中で一番好きな歌です。
人気投票をしたらつねに1、2位を争うのではないか、
と田辺聖子さんも書いています。
昔からの伝説で藤原定家と内親王は恋仲であった、ということになっています。
治承5年(1181)正月3日に20歳の定家は父・俊成に連れられて、
内親王の御所にはじめて参上します。
定家の日記『明月記』には、
「薫物(たきもの)ノ馨香(けいこう)、芬馥(ふんぷく)タリ」
とあり、御簾のうちにあらわれた内親王の室内には、
たかれた香の匂いが濃密にたちこめていた様子が書かれています。
この日から自分より8、9歳年長の才たけた貴婦人に、
あこがれを募らせていきました。

この伝説をもとに作られた謡曲「定家」があります。
昔むかし、わたしがお勤めしていた時、支店長の代わりに
京都観世会館にこの演目を観に行ったことがあります。
翌日、わたしは内親王にとり憑かれたのか頭が割れるように痛く、
起きられなかったことを今でもよく覚えています。
内親王の「気」がわたしに乗り移ったのかも知れません。
去年あたりから「気」というものを感じるようになって、以前にも書きましたが、
人と人が出会うのに偶然はないそうです。
お互いの「気」が引きつけ合うのだそうです。
長男も関心を持っているらしく、それは物理学的に「量子力学」で証明される、
と言っていました。人と物にも当てはまる体験をやはり去年いたしました。
「量子力学」を勉強したいですね。

百人一首の中の藤原定家の歌もご紹介します。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
         焼くや藻塩の 身もこがれつつ


待っても来ないあの人を
わたしは待っています
松帆の浦の夕凪のなか
藻塩焼く火に
さながら わが身も
じりじりと焦がれるばかり
恋に悶えながら・・・・・・             『田辺聖子の小倉百人一首』より


昨晩、あるブログを見ていたら小野小町の歌が思い浮かびました。
百人一首では

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

ですが、思い浮かんだ歌は

想いつつ・・・で始まる歌です。


茶の湯 あいうえお「と」・・・桐蔭席(とういんせき)
[PR]
by soukei3 | 2007-02-09 10:05 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧