師範会デビューの記 その1:『グラハム・トーマス』

f0063931_17262726.jpg
昨日はわたしの属する会の師範連絡会にデビュー!
午前中に会場のホテルの和室で月釜があ利ます。
今年一緒に終身師範会員となったお友達と12時に待ち合わせ
お席に入りました。

幕末の大徳寺さんの墨蹟
「松老五雲披(まつおいてごうんひらく)」
横物です。幅が広いので大徳寺ナントカという棒に掛けてあります。
唐墨で書いてあるので、かすれ具合がまた良いのだそうだ。
ご亭主とお正客さまとの会話は大変お勉強になるんです。

お花は白玉椿と蝋梅。淡々斎在判の竹一重切にすっきり入れてあった。
銘は「万代」。
香合は和全だったか瓜の形の黄交趾。
床脇に九谷焼の有名な雉の写しが。

月釜デビューなので平点前です、と茶目っ気たっぷりのご亭主。
瀬戸の一重口。お釜は大徳寺常什。炉縁は高台寺蒔絵。

主茶碗は御本半使。替は即全の黒織部。
お菓子は銘「雪に和して芳し」美豆岐庵製。
白い梅の形をしたお饅頭の中に赤い餡が。
しっとり美味しかったです。
菓子器は古備前の片口。

真塗中棗。三代宗哲。一燈在判。
お茶杓は圓能斎で銘は・・・忘れちゃった。
お正月らしい銘だなぁと思ったのだけれど・・・。
正しい会記は何ヶ月か後の『淡交』をご覧ください・・・。

さすがお正客!仕舞い付けのお茶碗にも目をとめられました。
鶴の絵が描かれている紫交趾。
このお茶席が終わったら、新たな世界へ羽ばたいて行かれるそうです。
素晴らしい向上心ですね。

1時からの師範連絡会が始まるというので
ゆっくりお道具を拝見しないまま、会場に向かいました。

素晴らしいお道具の数々。
やはり良いお道具を拝見させていただくことは、幸せですね。
わたしには到底無理ですが、大宗匠もおっしゃるように
「身の丈にあった道具組」ができれば、と思います。

つづく。

画像はこの春のようなお天気で葉っぱが出てきた
イングリッシュ・ローズの『グラハム・トーマス』。
これからどうなるんでしょーか?
[PR]
by soukei3 | 2007-01-26 17:26 | 宗恵の茶の湯日記


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧