「茶道」と「ばら」:『ホワイト・ジングル』

f0063931_8261196.jpg

茶道をやっていると、よく「茶歴は?」と聞かれます。
わたしは社会人になってから習い始めたので、今年で27年になります。
母が彦根城の中にある高校に通っていて、
明治天皇がお泊りになった、というお部屋で「表千家」を習っていた
という話を小さい時から聞いていたので
わたしもずっと習いたいと思っていましたが、なかなか機会に恵まれなかったのです。
大学を卒業して京都に引越し、近くに「裏千家」の先生がいらしたので入門しました。
初めて帛紗などのお稽古道具をそろえたのは京都・河原町四条の「龍善堂」。
「末永く、お稽古続けておくれやす」と言われたことを今でもよく覚えています。

わたしは気が多くて、いろいろなことに手を出します。
パッチワーク・キルト、刺繍、編み物etc.
みんな長く続いた試しがありません。
お花も「池坊」を習っていましたが、そちらも・・・。
でも、茶道だけは続いていますね。

ガーデニングも苦手で、観葉植物などを買ってきては枯らして
セントポーリアにだいぶはまっていたことがあり
夫に「可哀想だから、もう買うな」と言われたこともありました。
それが一昨年、あるきっかけで「ばら栽培」を始めて・・・。
「どうせ、すぐ飽きるんだから」と子供にまで言われていましたが・・・。
3回目の冬を迎えます。

「茶道」と「ばら」。一生のお付き合いになりますね☆

画像はポインセチアの『ホワイト・ジングル』。
ポインセチアとシクラメンはいまだに枯らします・・・。

◎今日のBGM
Whitney Houston:One Wish(For Christmas)
ホイットニーのお母さまはゴスペル・シンガーだったそうですね。
クリスマスにはゴスペルが似合います。
[PR]
by soukei3 | 2006-12-20 08:51 | 宗恵の日常


鉢植えで育てているばらの記録や、日々の生活で感じたこと、茶の湯のことなどお話ししてきました。また新たなブログでお会いいたしましょう。


by soukei3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

以前の記事

2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

カテゴリ

全体
宗恵のばら日記
宗恵の茶の湯日記
宗恵の日常
寒芍薬(クリスマスローズ)
宗恵の本棚
漱石とその周辺
グルメ
宗恵のひとりごと

お気に入りブログ

染付屋回回青の気まぐれ日記帳
Lotus Root D...
チョコミントのきままな日記
★ばらボラ・ECHIGO★
blog 漱石サロン ラ...
茶書の森への旅
花のワルツ
酒とラーメンと考古学!
シドニーより愛を込めて ...
sweet pepper...

TUT FORMULA ...
御茶千家

外部リンク

ライフログ

chori
弱き者の生き方
京のプリンス 王子様たちの京都案内
女性の品格
新編 人はなぜ薔薇を愛するのか
DVD BOOK 魅惑のオペラ フィガロの結婚 モーツァルト
京都炭屋 おもてなしはお茶の心で
うるしの話
イギリスにたくさんのありがとう
おとこ友達との会話
バラの画家ルドゥテ
五線譜の薔薇―音楽史を彩る女性たち
晴れたらバラ日和
人はなぜ薔薇の香りが好きなのか―脳とアロマの素敵な関係
源氏物語の京都案内 (文春文庫 編 5-9)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧